ソニー、高い解像度と迫力の低域を両立するハイブリッド構造のBAイヤホン

ソニーは9月5日、「XBA-H」シリーズのインナーイヤーヘッドホン「XBA-H1」「XBA-H2」「XBA-H3」を発表した。発売は10月25日。価格はオープンで、推定市場価格は、XBA-H1が16,000円前後、XBA-H2が26,000円前後、XBA-H3が37,000円前後となっている。

BAドライバーの高解像度とダイナミック型ドライバーの低域のパワーを両方楽しめるハイブリッドタイプのヘッドホン。写真は「XBA-H1」

バランスド・アーマチュア・ドライバー(以下BAドライバー)を採用したヘッドホンは、高い解像度と高域の再生能力に特徴がある。一方、ダイナミック型ドライバーを採用したヘッドホンは、力強い低域が魅力だ。「XBA-H」シリーズは、BAドライバーを採用したヘッドホンにダイナミック型ドライバーを追加したハイブリッドモデルだ。

XBA-H1は、フルレンジのBAドライバー×1本に、低域用のφ9mmダイナミック型ドライバーをプラスしたモデル。XBA-H2は、フルレンジのBAドライバー×1本に、低域用のφ13.5mmダイナミック型ドライバーをプラスしたモデル。XBA-H3は、フルレンジのBAドライバー×1本に、振動板に軽量で高剛性なアルミ合金を使用した「HDスーパーツイーター」と呼ばれる超高域再生用のBAドライバー×1本、低域用のφ16mmダイナミック型ドライバーをプラスしたモデルとなっている。なお、XBA-H2・XBA-H3のダイナミック型ドライバーには、液晶ポリマーフィルム振動板を採用。高い解像度を実現している。

「XBA-H2」(左)と「XBA-H3」(右)

3モデルとも、ハウジングに開けたポートによって、低域の通気抵抗をコントロールする「ビートレスポンスコントロール」を採用。低域の立ち上がり・立ち下り特性が高く、より正確なリズムを表現可能だ。

また、通常のイヤピースのほかに、シリコンフォームイヤピースも付属。シリコンフォームイヤピースは、イヤピース内にシリコンフォームを取り付けることで、遮音性と装着安定性を高めたものだ。

コードはY字型で、長さは1.2m。XBA-H2・XBA-H3のコードは着脱式で、ストレートコードに加え、スマートフォンでのハンズフリー通話やメディアの再生/停止などの操作が可能な、マイク/リモコン付きコード(1.2m)も付属する。XBA-H3では形状記憶樹脂「テクノロード」を使用した「アジャストフリーイヤハンガー」を採用。耳の形状に合わせた形にハンガー部分を変形させることで、安定した装着を実現している。3モデルの質量は、XBA-H1が約7g、XBA-H2が約8g、XBA-H3が約10gだ。



フォトギャラリー(クリックで拡大とスライドショー)

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事