ソニー、スマホを1型CMOS搭載デジカメに変える「サイバーショット QX100」

ソニーは9月4日、ドイツのベルリンで開催される「IFA 2013」のプレスカンファレンスにおいて、デジタルカメラ「サイバーショット(Cyber-shot)」の新モデル「DSC-QX100」を発表した。日本での発売、価格などは未定となっている。

「DSC-QX100」(右は「Xperia Z1」に取り付けたところ)

レンズ性能や撮像素子は2013年6月に発表された1型CMOS搭載の「DSC-RX100M2」と同等で、液晶モニターなどを省いてスマートフォンに装着できるようにしたモデル。スマートフォンに装着する際は、同梱のアタッチメントで側面を挟み込むようにして背面側に取り付ける。装着可能なスマートフォンは幅54~75mm、厚み13mm以下となっている。

関連記事
ソニー、1型CMOSが裏面照射型になった「サイバーショット RX100II」 (2013年6月27日)

スマートフォン側の操作で撮影するにはソニー製アプリ「PlayMemories Mobile」が必要。同アプリをインストールすることでスマートフォンの画面上で設定などを変更できるようになるほか、「サイバーショット」シリーズでおなじみのオート撮影モード「プレミアムおまかせオート」なども使用できる。スマートフォン側の操作で撮影する場合、本製品とスマートフォンをWi-Fi(無線LAN)接続する必要があるが、NFC(近距離無線通信)機能を搭載しているため、対応スマートフォンであればワンタッチで接続することが可能。

主な仕様は、撮像素子が有効約2,020万画素の1型Exmor R CMOSセンサー(裏面照射型)で、レンズが焦点距離28~100mm(35mmフィルム換算時)の光学3.6倍ズーム、開放F値がF1.8~F4.9、対応感度がISO160~ISO25600となっている。

記録メディアはメモリースティック マイクロ(Mark2含む)、microSD/SDHC/SDXCメモリーカードが利用可能で、記録形式は静止画がJPEG、動画がMP4、動画の記録画素数が1,440×1,080ドットとなっている。付属バッテリーの撮影可能枚数は約220枚。

サイズはW62.5×D55.5×H62.5mm、重量は本体のみで約165g、バッテリーとメモリースティック マイクロを含む状態で約179g。

フォトギャラリー(クリックで拡大とスライドショー)

iconicon


関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事