Samsung、腕時計型のウエアラブルデバイス「GALAXY Gear」発表

 

GALAXY Gear

Samsung Electronicsは9月4日(ドイツ時間)、GALAXYデバイスと連携する腕時計型のウエアラブルデバイス「GALAXY Gear」を発表した。GALAXY Note 3と共に、9月25日から販売開始になり、世界140カ国以上に出荷されるという。

ディスプレイは1.63インチのSuper AMOLED (320×320)。800MHzのプロセッサ、512MBのRAMを搭載。内蔵ストレージは4GBだ。1.9メガピクセルのカメラ、マイク、スピーカーを備える。通信機能はBluetooth 4.0+BLE。バッテリー容量は315mAh。本体サイズは36.8×56.6×11.1ミリ、重さは73.8グラムだ。

GALAXY Gearは、GALAXYデバイスのコンパニオン・デバイスである。Bluetoothを使って、GALAXYデバイスと接続。電話、SMS、電子メール、アラートなどを通知し、ユーザーはGearの画面でメッセージの要約などを確認できる。詳細は接続するGALAXYデバイスを手に取れば、Smart Relay機能によって自動的にフルコンテンツがGALAXYデバイスに表示される。

音声アシスタント機能S Voiceに対応しており、ハンズフリーの通話、メッセージの下書き、スケジュールの追加、アラームの設定、天気の確認など、様々な操作を音声で行える。生活の中で、スマートフォン以上に手軽にメモを残せるデバイスでもある。「Memographer」を使って、何か作業をしている時でも写真および動画によるビジュアルメモを記録でき、また「Voice Memo」で音声をすばやく録音できる。記録した音声は、GALAXYデバイスでテキストに変換して保存可能。

他にも、接続するスマートフォンからGearが1.5メートル以上離れたら自動的にスマートフォンのスクリーンがセキュアにロックされる「Auto Lock」、スマートデバイスの位置を確認する「Find My Device」、歩数計機能などをサポート。時計機能には10種類のクロックフェイスがプリインストールされており、Samsung Appsからダウンロードしたクロックフェイスでカスタマイズすることも可能だ。

カラーは、ジェットブラック、モカグレイ、ワイルドオレンジ、オートミールベージュ、ローズゴールド、ライムグリーンの6色

クリックで拡大とスライドショー

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事

マツダ、タイのパワートレイン工場に221億円投資 - 生産能力を増強
[18:01 8/30] テクノロジー
洋楽人気対決 - ブラックモアズ・レインボー 40歳以上限定
[18:00 8/30] エンタメ
佐々木希、連続殺人鬼として再登場 - 波瑠と横山裕は警戒してホテル生活へ
[18:00 8/30] エンタメ
理研と産総研、包括的連携に関する基本協定を締結 - 2050年の課題解決に挑む
[17:57 8/30] テクノロジー
デノンの新作イヤホン3機種を聴いてきた - 新たな最上位ヘッドホンやBluetoothイヤホンの参考展示も
[17:47 8/30] スマホとデジタル家電