バッファロー、ウイルスチェックとパスワードロック搭載のUSB 3.0メモリ

 

バッファローは4日、ウイルスチェック機能とパスワードロック機能を搭載したUSB 3.0対応のUSBメモリ「RUF3-PV」シリーズを発表した。容量8GB/16GB/32GBの3モデルに、それぞれブラックとレッドの2色を用意する。9月中旬より発売し、価格はオープン。

「RUF3-PV」シリーズ(ブラック)

「RUF3-PV」シリーズ(レッド)

ウイルスを自動で検知・隔離する「ウイルスチェック機能」を搭載するUSBメモリ。保存されたファイルがウイルスに感染してないかをリアルタイムで監視。検出した場合は自動で専用フォルダに隔離する。

「ウイルスチェック機能」には「Trend Micro USB Security 2.0」を採用。不正利用を防ぐパスワード認証機能も搭載している。USBコネクタ部は、PCから引き抜くとコネクタが自動で収納される「オートリターン機構」と、ストラップホールを装備。

インタフェースはUSB 3.0で、転送速度は約70MB/s。特典として「ターボPC EX」などの便利なユーティリティがダウンロード可能。本体サイズはW23×D65×H9mm、重量は約12g。対応OSはWindows XP / Vista / 7 / 8。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ
親の経済力は子が食べる食品に"格差"を生む - 厚労省の乳幼児栄養調査
[16:34 8/25] ヘルスケア
ソフトバンク、「東京お台場FreeWiFi」に電話認証を導入
[16:26 8/25] スマホとデジタル家電