米マイクロソフト、ノキアの携帯電話事業を買収 - 買収額は54.4億ユーロ

米マイクロソフトは現地2日、フィンランドのノキアの携帯電話およびサービス事業を買収することで同社と合意に達したと発表した。買収対象には、ライセンス、特許、マップサービスも含まれる。買収額は54.4億ユーロ。円換算で約7,100億円。ノキアの株主、当局の承認などを得て、2014年第1四半期に買収を完了する予定。

マイクロソフトの発表資料によると、買収額の内訳は、ノキアのデバイスおよびサービス事業に対して37.9億ユーロ、ライセンスやパテントに対して16.5億ユーロとなる。マイクロソフトは携帯電話事業における利益とシェアの拡大スピードを加速させ、またノキアは事業売却により得た資金での財務体質を強化し、将来的な事業投資のための資金として活用するとしている。

マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOは、「これは未来への大きな一歩だ。従業員、株主、そして両社のコンシューマーがwin-winの関係を築くものである」とし、携帯電話事業におけるシェア、利益の拡大、強化するものであると述べている。さらに、同氏はノキアの培ってきたハードウェア設計、エンジニアリング、サプライチェーン、製造管理などのノウハウを評価、事業強化を図りたいとしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事