GrapeCity、メール/ファイル転送通信コンポーネントをセットのスイート製品

グレープシティは、IPv6およびWindows 8、Visual Studio 2012などの新環境に対応したメール送受信コンポーネントとファイル転送コンポーネントを収録したスイート製品「Secure iNetSuite for .NET 4.0J」を2013年9月18日に発売すると発表した。

SSLやS/MIMEに対応したセキュアなコンポーネント

新バージョンは、堅牢なセキュリティと柔軟な通信機能を備えたIPv6対応の .NET用通信コンポーネントのセットとなっており、メール送受信コンポーネントはSMTPとPOP3によるメールの送受信、IMAP4でのサーバー上のメールボックス操作、添付ファイルの処理などメールアプリ開発に欠かせない機能を提供。GmailやHotmail(Outlook.com)、iPhone、AndroidなどWeb・モバイルアプリメールへの対応を強化し、セキュリティ強化に有効なSSL、S/MIMEにも対応している。

ファイル転送コンポーネントは、自動圧縮通信による高い通信パフォーマンスを発揮するMODE Zに対応。ファイル情報のカプセル化や複数ファイルの一括処理など使い勝手の良さを追求。両コンポーネントとも同期・非同期通信を共通ロジックで行えるプログラミングモデルを提供、Windows 8、Server 2012、Visual Studio 2012といった最新環境をサポートしており幅広い環境で利用できる。

同製品は、ダウンロード版のみの販売で価格は、1開発ライセンスあたり13万1,250円(税込)。製品を組み込んで開発したWebアプリケーションを運用する場合は、別途コアサーバーライセンスが必要となる。なお、両コンポーネントは単体販売も行う予定で、それぞれの価格は下記のとおり。

「Secure iNetSuite for .NET 4.0J」製品と価格



関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事