松村邦洋、新ネタ・半沢直樹「倍返しだ!」を披露 やしろ優は剛力ネタを

 

公開中の映画『終戦のエンペラー』の公開記念イベントが19日、東京・新宿ピカデリーで行われ、ものまねタレントの松村邦洋、やしろ優が出席した。

映画『終戦のエンペラー』の公開記念イベントに出席した松村邦洋(左)とやしろ優

終戦直後の日本を舞台に、日本人も知らない歴史の秘話をハリウッドが描いた本作。西田敏行や桃井かおりら日本を代表する役者陣トミー・リー・ジョーンズやマシュー・フォックスといったハリウッドを代表する役者が出演するなど、日米の豪華なキャストが共演して話題を集めている。

そんな本作の公開を記念した同イベントに、歴史好きな松村邦洋とやしろ優が初コラボ。松村は「僕は日本の歴史が大好きなんですが、なかなか昭和というか戦後は勉強していませんでした。今回の映画は教科書にも描かれていないですし、若い人にも分かりやすい映画ですよ。今まで描かれていない部分が描かれているので、面白いと思いましたね」と本作の感想を。本作には西田敏行が出演しているということで、得意の西田のモノマネを披露する一方、ビートたけしの口調で「俺はトミー・リー・ジョーンズだよ! この野郎」と話すと観客は大爆笑。対するやしろ優も桃井かおりから芦田愛菜や倖田來未、剛力彩芽などのレパートリーを展開して会場を沸かせた。

ものまねの大先輩である松村についてやしろは「本当に松村さんが一言喋るだけで一気に松村ワールドとなり、西田さんのモノマネをしている時は映画のワンシーンみたいで、私もそうなりたいと思いました」と絶賛すると、松村も「愛されているし、しっかりしているから、このまま突き進んでフルスイングして欲しいですね」とやしろにエール。そんな松村は、現在高視聴率を記録しているドラマ『半沢直樹』(TBS系)の堺雅人が演じる主人公・半沢直樹のセリフ「倍返しだ!」を新ネタとして披露しながら「この前同窓会に行ったら、上司に怒られている同級生が『半沢直樹』を見てスカッとしたと言ってましたよ」と手応えを掴んでいる様子だった。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事