Googleがパターン入力によるロック解除で新たな特許を取得

 

米Googleが申請した端末のパターン解除技術が米特許商標庁(USPTO)により特許として認められた。これはAndroid端末のパターン入力によるロック解除の応用にあたる技術で、セキュリティロックを解除するだけでなく、入力するパターンによってロック解除後に特定のアクションを実行することができるようになる。

同件はEngadgetなどが報じている。特許番号は8,504,842で名称は「Alternative unlocking patterns」、8月6日付けで特許登録されている。端末ロックの解除パターンの別利用について記した特許となり、従来のAndroidのようにロックパターンの登録で端末のセキュリティを強化するだけでなく、事前に特定アクションを指示したパターンを複数登録しておくことで、あとはパターンマッチングで端末ロック解除と同時にアクションを実行できる。考えられる用途としては、パターン解除と同時にカメラやWebブラウザの特定ページを起動したり、あるいはメール返信を行うといったアクションがある。現在でもセキュリティなしのロック解除画面ではカメラやメール機能を直接呼び出せているが、こうした機能をセキュリティ付きで意図的にパターン入力により選択できるようになるとみられる。

ただ、同特許ではAndroidでの具体的な実装には触れておらず、Google自身も導入計画についてコメントしていない。おそらくはAndroid 4.3より先の将来バージョンで取り込まれることになるとみられる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

恋のドキドキ?死の予感?シロクマがアザラシに求愛「恋するシロクマ」2巻
[22:41 8/28] ホビー
[NEWS加藤シゲアキ]24時間テレビSPドラマ 代役・小山に感謝
[22:23 8/28] エンタメ
写真甲子園2016、キーワードは「お国言葉の写真」 - 写真の上手さ以前に求められるオリジナリティ
[21:51 8/28] スマホとデジタル家電
病気でフェロモンが出ちゃう男たちのBL「ドラッグレス・セックス」
[21:09 8/28] ホビー
長澤まさみ、神木隆之介らにアドバイス「堂々と歩けばいい!」
[21:00 8/28] エンタメ