敷金と礼金は知っているけど、保証金って何?

不動産会社に行ってお部屋を借りる時に発生する賃料以外の色々な項目の料金。敷金・礼金は聞くけれど、保証金・敷引きって何? 逆に、保証金・敷引きは知っているけれど、敷金・礼金を知らないケースも。そんな、わかりづらい不動産の慣習について“不動産・住生活”のプロに伺いました。

Q.敷金と礼金は知っているけど、保証金って何?

A.居住用の物件を借りる際、一部の地域で「礼金」「敷金」の代わりに使われている言葉です。転勤や進学で居住地を変える可能性がある人は、知っておきたい商習慣。加えて、最近では、「敷金」方式が中心の地域にも関係がある言葉になってきています(後述)。


関西や中国、九州地方などの一部の地域では、賃貸住宅を借りる際、「保証金」という名称で「家賃の○カ月分」という初期費用が必要になります。借主が家賃を滞納したときの補てんや不注意で室内を汚したときの修繕費用に充てるお金です。


「保証金」方式で注意したいのは、「敷引き○カ月」という契約。これは、「敷引き特約」といいます。退去時には「○カ月分は返却しません」という内容です。契約時にその金額が決められており、長期に住むほど返却される金額が少なくなる内容も見受けられます。


なお、「敷引き特約」は、「敷金」契約のある関東を中心とした地域でも最近、時折見られるようになっています。「退去時に敷金1ヶ月分償却」とあれば、室内の汚れの有無にかかわらず、その分は戻ってこない契約です。退去時に「敷金が戻ってくると思っていた!」ということがないように、契約前によく確認しておきましょう。


過去、「敷引き特約」の有効性について、最高裁判所で複数の判決が下りています。いずれも「敷引き特約は高すぎなければ有効」という判断でした。争われた事例では、礼金などがなく敷引きは賃料の2倍弱~3.5倍程度でした。ですから、「敷引き特約」がある場合、何年住んだら総額いくら払うことになるのかを十分理解して契約しましょう。


不動産会社によっては、賃料、共益費、管理費、礼金、敷引き金、更新料を加えて4年間借りた場合の1ヶ月分の負担金額を示した「めやす(みなし)賃料」を示しているところがあります(更新時期に賃料改定がないと仮定)。仲介手数料や火災保険料などは含まれませんが、大まかな負担額を比較するのに役立ちます。なお、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会という団体のホームページでは、めやす賃料を計算できるページが公開されています。


高田七穂(たかだ なお):不動産・住生活ライター。住まいの選び方や管理、リフォームなどを専門に執筆。モットーは「住む側や消費者の視点」。書籍に『最高のマンションを手に入れる方法』(共著)『マンションは消費税増税前に絶対買うべし!?』(いずれもエクスナレッジ)など。


本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

2017年10月22日の運勢

イチオシ記事

新着記事