グレープシティ、既存のWindowsフォームアプリをタッチ対応にリメイク

  [2013/08/01]

グレープシティは、既存のWindowsフォームアプリケーションをタッチ操作に適したアプリケーションにリメイクするコンポーネント「MultiTouch for Windows Forms 1.0J」を、2013年8月28日に発売する。価格は3万1,500円(税込、1ライセンス)だが、開発したアプリケーションを配布する場合は別途ランタイムライセンスが必要となる。

既存のWindowsフォームアプリケーションをタッチ操作にリメイクできる

タブレットの普及に伴い、パソコン市場でもタッチパネルを搭載するPCが普及し始めており、Windows 8ではタブレットとしても使えるハイブリッド型のマシンも登場している。今後、直接画面を触ってアプリケーションを動かす「タッチ操作」が一般化し、企業アプリケーションにもタッチ対応が求められることが予想される。

しかし、タッチ対応のために既存のアプリケーションを一から作り直すのは容易ではない。また、本格的なタッチ対応アプリを導入するには、iOSやAndroid、WinRTといった従来の業務アプリ開発では頻度の低いプラットフォームを習得する必要があるため、人材の確保や学習コスト、新しいツールの採用といった準備コストがかかる。

MultiTouch for Windows Forms 1.0Jは、Windowsフォームのプロジェクトにコンポーネントを追加するだけで、画面レイアウトを崩さず、手軽にタッチ操作に対応したアプリケーションにリメイクすることができる。使い方は、Visual Studioで既存のWindowsフォームプロジェクトを開き、ツールボックスからコンポーネントを追加してリビルドするだけだ。

タッチ対応のパソコンであれば、iPadやAndroidアプリのようにピンチ操作によるフォームの拡大や縮小、拡大したアプリケーションをスワイプ操作でスクロールさせることも可能となる。MultiTouchには、拡大鏡やパンウィンドウなど、タッチ操作をより快適にするコントロールも収録されている。Windows XP/7などの既存環境でも従来どおりに利用でき、改修コストは最低限で済む。

グレープシティの入力コンポーネントInputManと組み合わせれば、タッチキーボードの制御も容易で、タブレットでの利用にも適したアプリケーションに改修できる。



IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Rust 1.9登場
[13:30 5/30] 企業IT
ドコモ、「P-01G」ソフト更新 - 着信拒否登録に関する不具合修正
[13:28 5/30] 携帯
オーテク、原音再生にこだわった新ダイナミック型イヤホン「ATH-CKR100」
[13:12 5/30] 家電
ドコモ、「AQUOS PHONE ZETA」ソフト更新 - パケットサービスの品質改善
[13:11 5/30] 携帯
imecなど、変換効率12%の半透明ペロブスカイト太陽電池モジュールを開発
[13:09 5/30] テクノロジー

特別企画 PR