Cerevo、USBキーボードをスマホ/タブレットに無線接続する「EneBRICK」

Cerevoは、既存のUSBキーボードをスマートフォンやタブレット端末で利用可能にするデバイス「EneBRICK」を開発したと発表した。同社が運営するクラウドファンディングサービス「Cerevo DASH」で支援金を集め、支援者が支払った金額に応じて同製品を提供する。同製品が提供される最低支援金額は9,999円。

EneBRICK

EneBRICKはBluetooth機能を搭載したデバイス。USBキーボードを同製品に接続することで、Bluetoothを経由した、スマートフォンやタブレット端末へのタイピング入力が可能になる。また、本体がスライド機構になっており、接続したスマートフォンやタブレット端末を立てかけて利用することができる。

Bluetooth経由で、既存のUSBキーボードをスマートフォン等に接続できる

本体にスライド機構を備えており、端末を立てかけて利用できる

6,000mAhのバッテリを内蔵しており、スマートフォン等の充電が可能

本体に6,000mAhのバッテリを内蔵。背面に備えたUSBポート/microUSBポートにスマートフォンやタブレット端末を接続することで充電が可能。本体充電時間は約9時間で、本体への充電はmicroUSB端子経由で行う。

サイズは約W124×H64×D24mm(スライド閉じ時)で、重量は約180g。接続端子はUSBポート×2、microUSBポート×1。Bluetoothバージョンは2.1+EDR。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事