Microsoft、Windows 7向け「Internet Explorer 11」プレビュー版公開

 

米Microsoftは7月25日 (現地時間)、Windows 7用の「Internet Explorer 11 Developer Preview」(以下IE11)を開発者向けにリリースした。ダウンロードサイトから入手できる。Modern UI版の一部の機能は利用できないが、Windows 8.1 Previewに含まれるIE11 Previewと同じパフォーマンスやセキュリティの向上、新しいWeb標準対応をWindows 7ユーザーも得られる。

IE11では、GPUの活用が強化されている。例えば、ブラウザで初めてJPEGイメージをGPUでリアルタイム・デコードする。これによってWebページのロード時間が短くなり、メモリーの使用量が減少し、CPUの負担が軽減されてシステムの消費電力削減にもつながる。

JavaScriptエンジンの改善、ECMAScript 6やECMAScript Internationalization API (version 1.0)のサポートなどで、JavaScriptの実行性能も向上している。Microsoftによると、Windows 7においてIE11はIE10よりも4%高速で、最も速い競合ブラウザであるChrome 28よりも30%高速だという。

SunSpider JavaScriptベンチマークの結果

Microsoftがセキュリティ面を懸念していたWebGLについても、IE11では安全と信頼性を優先する形でサポートする。またHTML5ビデオの再生にも対応する。

WebGLを用いたGlacierWorks

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

網屋と富士通、ベトナム市場にてサーバアクセスログ管理ツールの販売開始
[17:02 8/25] 企業IT
大ヒット映画『シン・ゴジラ』の”女性限定鑑賞会議”とは?
[17:00 8/25] エンタメ
Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ