Microsoft、Windows 7向け「Internet Explorer 11」プレビュー版公開

Yoichi Yamashita  [2013/07/26]

米Microsoftは7月25日 (現地時間)、Windows 7用の「Internet Explorer 11 Developer Preview」(以下IE11)を開発者向けにリリースした。ダウンロードサイトから入手できる。Modern UI版の一部の機能は利用できないが、Windows 8.1 Previewに含まれるIE11 Previewと同じパフォーマンスやセキュリティの向上、新しいWeb標準対応をWindows 7ユーザーも得られる。

IE11では、GPUの活用が強化されている。例えば、ブラウザで初めてJPEGイメージをGPUでリアルタイム・デコードする。これによってWebページのロード時間が短くなり、メモリーの使用量が減少し、CPUの負担が軽減されてシステムの消費電力削減にもつながる。

JavaScriptエンジンの改善、ECMAScript 6やECMAScript Internationalization API (version 1.0)のサポートなどで、JavaScriptの実行性能も向上している。Microsoftによると、Windows 7においてIE11はIE10よりも4%高速で、最も速い競合ブラウザであるChrome 28よりも30%高速だという。

SunSpider JavaScriptベンチマークの結果

Microsoftがセキュリティ面を懸念していたWebGLについても、IE11では安全と信頼性を優先する形でサポートする。またHTML5ビデオの再生にも対応する。

WebGLを用いたGlacierWorks

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

JR東海「新幹線なるほど発見デー」7月に開催 - 車体上げ実演は今回が最後に
[11:41 5/26] ホビー
トヨタ、配車サービスを手がけるウーバーとライドシェア領域での協業を検討
[11:36 5/26] ホビー
【連載】 山口健太のモバイルデバイスNEXT 【第10回】富士通が最新法人向けPCで、旧世代CPUを採用した裏事情
[11:35 5/26] 企業IT
東出昌大、初の刑事役を捉えた写真公開! 拳銃かまえ鋭い目つき
[11:30 5/26] エンタメ
事例・人材像・アーキテクチャモデルをコンテンツ化 - JDMC、整備に着手
[11:06 5/26] 企業IT

特別企画 PR