Android 4.3 "Jelly Bean"発表、Bluetooth SmartやOpenGL ES 3.0に対応

 

米Googleは7月24日 (現地時間)、米サンフランシスコで開催したプレスイベントでAndroid "Jelly Bean"のアップデートである「Android 4.3」を発表した。同イベントで発表した2013年モデルの「Nexus 7」に搭載されるほか、初代Nexus 7、Nexus 4、Nexus 10、Galaxy Nexus向けにアップデートが提供される予定。

Android Jelly Beanの開発ではスムースでレスポンスの良い動作の実現が大きな目標の1つとなっているが、2Dレンダラやウインドウバッファの改善などによって、Android 4.3では細部の動作が向上したという。タップタイピングのアルゴリズムの改善でテキストの入力もスムースになり、ロックスクリーンでより素早くユーザーを切り替えられるようになった。

新たに「OpenGL ES 3.0」をサポートする。OpenGL ES 3.0では、GLSL ESシェーディング言語が新版になり、ETC2/EACテクスチャ圧縮が標準機能として提供され、ビジュアル効果やテクスチャレンダリングが向上する。対応デバイス (Nexes 7 2013、Nexus 4、Nexus 10など)において、美しい2D/3Dグラフィックスでゲームなどを楽しめる。Android 4.3ではまた、ゲームパッドボタンやジョイスティックのレスポンスも改善された。

Bluetooth機能が「Bluetooth Smart Ready」に対応し、フィットネスセンサーなどBluetooth Smart対応デバイスおよびセンサーとの連携の幅が広がる。また「Bluetooth AVRCP 1.3」もサポートする。

タブレットのマルチユーザー機能に「Restricted Profiles」が加わった。これはデバイスの所有者が他のユーザーの環境を設定できる機能で、ペアレンタルコントロールやPOSデバイスなどに活用できる。例えば、保護者が子供の環境ではゲーム内で購入できるコンテンツを表示させないように設定すれば、子供が誤ってコンテンツを購入してしまうのを防げる。

所有者が他のユーザーの利用環境を設定できる「Restricted Profiles」、ペアレンタルコントロールなどに利用可能。

ほかにも、電話アプリのダイヤルパッドがオートコンプリート機能に対応。無効なアプリを確認できるタブが設定に追加された。

メディアプリケーション開発者向けにModular DRMフレームワークが用意され、開発者がそれぞれのストリーミングプロトコルにDRMを統合しやすくなった。また内蔵のVP8エンコーダにフレームワークもしくはネイティブAPIを通じて、サードパーティのアプリがアクセスできるようになった。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

フォントにそれで大丈夫? イチから学ぶWebフォント講座 第1回 文字とは、書体とは、フォントとは
[08:00 10/1] 企業IT
松本人志『ワイドナショー』原点語る「たたかれた芸能人をフォローできる番組に」
[08:00 10/1] エンタメ
コントロールセンターを表示すると微妙に振動します!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 10/1] スマホとデジタル家電
部屋中の家電をこれ1台で操作 - ソニーの「HUIS」は"育てる"リモコンだった
[08:00 10/1] スマホとデジタル家電
鉄道トリビア 第373回 2つの列車の運転士が同じ名前という理由で起きた大事故がある
[07:50 10/1] ホビー