3Dプリンタで有名アーティストとの"ツーショット"を実現するキャンペーン

ソニー・ミュージックコミュニケーションズは、同社が提供する3Dプリンタを使ったオリジナルフィギュア制作サービス「3Dプリント・フィギュア」において、アーティストとのコラボレーション企画を展開する。

ロックバンド「ViViD」のDVD/CDの発売に際して、3Dプリンタでバンドメンバーとファンのフィギュアを出力する権利を抽選でプレゼントするキャンペーンが実施される(左)、「3Dプリント・フィギュア」で出力したフィギュア(右)

この企画は、エピックレコードジャパン所属のロックバンド「ViViD」の商品購入者特典として展開されるもの。9月18日に発売される同バンドのライブDVD「VISIONNAIRE 1【通常盤】」と2014年初冬発売予定のシングルCDを両方とも購入し、応募した人の中から抽選で1名に、好きなメンバーとツーショットの3Dプリント・フィギュアを作る権利がプレゼントされる。

なお、「3Dプリント・フィギュア」は、同社が提供する3Dプリンタ製フィギュアの制作サービス。フルカラー3Dスキャナにより全身撮影し、3Dデータ化された被写体データをフルカラー3Dプリンタにより出力することで、記念写真を撮るような感覚でフィギュアを作ることができる。現在、8月/9月/10月のフィギュア出力について予約を受け付けているため、予約申し込みやサービス詳細については同サービスのWebページを確認してほしい。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事