Google、ストリートビュー撮影機材「トレッカー」の貸し出しを開始

Googleは7月19日、瀬戸内海の豊島など7島で撮影したストリートビューを公開した。公開されたストリートビューは、Googleの社員ではなく、NPO法人アーキペラゴの呼びかけで集まった島民や瀬戸内国際芸術祭に参加しているアーティスト、琴平電気鉄道の社員が撮影を行ったという。Googleは試験的にストリートビュー撮影機材の貸し出しを行った。

トレッカーはカメラを搭載したバックパックタイプの撮影機材で、周囲360度の景色が自動的に撮影できるようになっている。重量は約20kg。グランドキャニオンや屋久島の撮影に使われ、ストリートビューが公開されている。また、まだ公開されていないが、世界文化遺産に登録された富士山での撮影も今夏に行われ、撮影風景を見かけた登山者のTwitterが話題となった。

Googleでは、今回の瀬戸内海7島のストリートビュー公開にあわせ、日本でこのトレッカーを貸し出す「トレッカーパートナープログラム」を開始。対象は、撮影地の同意を得ることができるNGO/NPOや観光協会、大学、研究機関などの団体となっており、Webサイトのフォームから申し込みが行える。

トレッカーを利用した撮影のイメージ。Googleによるグランドキャニオンでの撮影風景

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事