退職するとき、有給休暇を全部消化してもいいの?

 

転職にはいろいろと時間がかかります。未消化の有給休暇がたまったままの人であれば、それをどうにか使って、時間をやりくりしたいと思うもの。しかし退職で有給休暇を全部消化するためには、いろいろとクリアしなければならない問題もあるようです。

■退職日より前に有給休暇取得は可能

有給休暇は勤務している間なら使う権利があるため、たまっていた有給休暇を退職日までに全部消化することも、特に問題はありません。ただし突然退職宣言し、引き継ぎなどをしないまま有給休暇を完全消化では、なかなか円満退社という訳にはいきません。退職や有給休暇消化は余裕を持って、上司に説明しておきましょう。

■企業が使える権利、「有給休暇の取得時期変更」って使われたりしない?

社員から有給休暇を使って休みたいと言われたときに、繁忙期で人手が足りず、休まれては困ると言うときには、企業側が「有給休暇の取得時期を変更するように、指示する権利」があります。ちなみに日常的に業務が忙しいなどの理由や、慢性的な人手不足が理由で社員の有給休暇取得時期を変更することはできません。そして退職時には、この時期変更権は使えません。この権利が使えるのは社員が働いている間だけのことで、退職日が決まっている人に対し、退職日を先延ばしして取得時期をずらすように求めることはできません。

■退職は例外で、有給休暇を企業が買い上げることもある

有給休暇は社員を休ませるための制度なので、本来は有給休暇の買い上げを企業が行うことは一切できません。しかし例外があり、企業が労働基準法で決められている以上の有給を与えていて、余分に与えた有給休暇を買い上げる場合や、時効(2年)によって消えてしまった有給休暇を買い上げる場合、また退職・解雇で未消化になってしまった有給がある場合は、それを買い上げることができます。ただし、いずれも選ぶのは会社側なので、退職する人は買い上げてほしいとお願いすることはできても、確実に買い上げてもらえるとは限りません。

■就業規則を確認しよう

就業規則には、退職にまつわる規則が書いてあります。○カ月前に退職の申し出をする、という内容が一般的ですが、中にはきちんと引き継ぎをしないと、退職金を減額するか支給しないと書いてあることもあれば、「引き継ぎの段取りがまず終わらなければ、退職に進めない」と書かれている場合があります。また退職前の有給休暇取得を防ぎたいという企業では、就業規則にのっとって休職命令を出すことがあるようです。休職命令を出された場合、休職中の有給休暇取得はできないため、休職日最終日をもって退職日となります(休職手当は支給されます)。退職日は余裕を持って決めているという人も多いと思いますが、中には転職を急いだがために引き継ぎもせず退職日を決めてしまったという人もいます。退職を決める前に就業規則をきちんと読んでおき、引き継ぎには余裕を持って取り組み、万事滞りなく退職できるように心がけましょう。

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

「この会社で勉強したい」はOK? NG?
「この会社で勉強したい」はOK? NG?

採用担当者が明かす! 面接でNGな志望理由

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報