マイクロソフト、Office 365向けにiOSアプリ版「Outlook Web App」

 

米Microsoftは16日(現地時間)、Office 365契約者向けに、iOSアプリ版のOutlook Web App (OWA)である「OWA for iPhone」と「OWA for iPad」の提供を開始した。AppleのApp Storeから無料で入手できる。

同社は、Windows Phone 8が備えるOutlook MobileとExchange ActiveSync (EAS)の組み合わせによって「スマートフォンまたはタブレットで優れた電子メールの使用体験が得られる」としているが、あらゆる環境でOffice 365ユーザーの生産性をサポートするためにiOSアプリ版のOWAを用意した。

OWA for iPhoneまたはOWA for iPadを使用するには、今年2月に発表されたExchange Onlineのアップデートを含むOffice 365の最新更新版が必要。ブラウザ版OWA向けのExchange Onlineがサポートする60言語に対応する。

Microsoft製品らしく左下のウインドウ・アイコンがスタートボタンのような役割を担っている。タップするとメール、カレンダー、ピープル、オプションを切り替えるナビゲーション画面が開き、また長押しすると音声入力機能にアクセスできる。

ナビゲーション・スクリーン

メール機能はスレッドビュー、迷惑メールとしてのマーク、フラグ、分類、検索といった機能を備える。ブラウザ版のOWAと同様に、Information Rights Management (IRM)で保護されたメールの表示および作成が可能。メール送信の際に注意を促すMailTipsも表示される。カレンダー機能は代理サポートを含めて、複数の共有予定表を表示できる。イベントを作成する際には、スケジュール・アシスタントが出席者の空き時間や会議室の予約状況を確認してくれる。Bing Mapsとも連携し、マップからイベントの場所を追加することも可能。オフライン機能をサポートしており、飛行機内などインターネットに接続できない時でもメールの表示、削除、返信や新規メールの作成、スケジュールおよびコンタクトの表示や編集などを行える。

OWA for iPadのメールは2カラム、OWA for iPhoneは1カラムのレイアウト

セキュリティ面ではアプリ専用のパスコードを設定できるほか、リモートワイプ機能を使ってリモートでOWAからビジネスデータを削除できる (個人データを残すことが可能)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【特別企画】ランサムウェアに引っかかった!? - Acronis True Imageのイメージバックアップで最後の砦を築いておく(後編)
[07:00 7/25] パソコン
八田亜矢子、東大クイズ合戦で「女性の強いところを見せる!」も痛恨ミス
[07:00 7/25] エンタメ
カシオの電子辞書「EX-word」、20周年記念プレスイベントで語られた歴史
[07:00 7/25] スマホとデジタル家電
JPEGはなぜここまで普及したのか? ~専門家に聞いてきた~ 第5回 JPEG 2000対応カメラが無い理由
[07:00 7/25] 企業IT
深海底のレアアース泥は堆積速度の遅い環境に存在 - 東大などがデータ解析
[07:00 7/25] テクノロジー