初音ミクが六本木ヒルズでライブ!! Androidで視聴できるARイベント開催

六本木ヒルズの大型メディア「メトロハット」において7月16日より、人気VOCALOID 初音ミクのライブパフォーマンスが体感できるイベント「HATSUNE MIKU AR STAGE」が開催されている。同イベントはSmartAR技術を活用したもので、無料の専用アプリをインストールしたAndroidスマートフォンをかざせば、誰でも初音ミクのライブを視聴できる。ライブの開催日時は、7月16日から21日までの19時半から23時まで。

六本木ヒルズでHATSUNE MIKU AR STAGEが開催中。ビル明かりを背景に、初音ミクが派手なライブ・パフォーマンスを繰り広げる

HATSUNE MIKU AR STAGEは、NTTドコモから限定発売されるスマートフォン「Xperia feat. HATSUNE MIKU」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)のプロモーションの一環として行われるもの。Androidスマートフォン/タブレットまたはPlayStation Vita(PS Vita)にインストールした専用のARアプリを起動し、メトロハットの外周にかざすことで初音ミクのライブ映像が楽しめるようになっている。

六本木ヒルズの大型メディア、メトロハット。巨大なXperiaが何枚も埋め込まれたような、ユニークな外観となっている

メトロハットの内部にもXperia feat. HATSUNE MIKUの巨大広告が掲示されている。手がけたのは、イラストレーターの吟さん。NTTドコモの担当者は「奈良の東大寺の中に入ると、四方を大仏に見つめられているような、不思議な心持ちがする。吟さんには、そんな雰囲気を出して欲しいとお願いした」と依頼時のエピソードを明かした。

メトロハットの内部にもXperia feat. HATSUNE MIKUの巨大広告がお目見えしている

夜の時間帯に実施する屋外ARとしては、日本最大級の試みとなる本イベント。ARの仕組みについては、技術開発を担当したソニー・コンピュータエンタテインメントのスタッフから簡単な説明があった。メトロハットの外周には特殊なマーカーが仕込んであり、それを読み込むことでスマートフォンに歌と映像が流れるようになっているのだという。

ライブで繰り広げられる楽曲は「Packaged」。ライブの開始時刻が近付くとカウントダウンが行われ、ステージが終わると数分のインターバルがとられる。これを繰り返し、19時半から23時まで10分毎にパフォーマンスを楽しめるようになっている。

ARアプリをかざすと、肉眼では何も見えないメトロハットの外周に、巨大なカウントダウンメーターが表示される(写真左)

カウントがゼロになると、外周のXperiaのポスターがジグソーパズルのように1枚絵に組み合わさり、中から特設ステージが登場する

空を飛ぶ円盤の上や、メトロハットの屋上でパフォーマンスを繰り広げる初音ミク。六本木ヒルズの向こうには花火が上がるなど、派手な演出がなんとも楽しい

専用ARアプリはXperia feat. HATSUNE MIKUのスペシャルサイトからダウンロードできる。今後とも、Xperia feat. HATSUNE MIKUに関する最新情報はスペシャルサイトや公式SNSで告知される予定だという。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事