パソコン工房、SSDとHDDを搭載したミニタワーデスクトップ - 79,980円から

 

ユニットコムは12日、同社の「パソコン工房」「グッドウィル」ブランドより、ストレージにSSDとHDDを搭載したミニタワー型デスクトップPC「Lesance DT MN5100」シリーズを2モデル発売した。BTOに対応し、標準構成価格は上位モデルが98,980円、下位モデルが79,980円。

「Lesance DT MN5100」シリーズ

上位モデル「Lesance DT MN5100-i7-HVB」の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-4770(3.4GHz)、チップセットがIntel H87 Express、メモリがDDR3-1600 8GB(4GB×2)、ストレージが120GB SATA SSD(Samsung SSD 840シリーズ)と500GB SATA HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、グラフィックスがIntel HD Graphics 4600(CPU内蔵)。

主なインタフェースは、PS/2、アナログ8chサウンド、USB 3.0×2、USB 2.0×6、Gigabit Ethernet対応有線LAN、D-Sub、DVI-D、Displayport。本体サイズは約W180×D403×H362mm、OSはWindows 7 Home Premium SP1 64bit版。

下位モデル「Lesance DT MN5100-i5-HVB」は、CPUがIntel Core i5-4430(3.0GHz)となる以外は、上位モデルとほぼ共通。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事