ドスパラ、1万円台の低価格Androidタブレット - 7型と10.1型をラインナップ

 

サードウェーブデジノスは11日、Android OSを搭載した7型タブレット「Diginnos Tablet DG-D07S」と10.1型タブレット「Diginnos Tablet DG-Q10S」を発表した。7月24日から、PCショップ「ドスパラ」で販売を開始。本日から予約を受け付ける。価格は7型「Diginnos Tablet DG-D07S」が12,980円、10.1型「Diginnos Tablet DG-Q10S」が19,980円。

Diginnos Tablet DG-D07S

7型「Diginnos Tablet DG-D07S」の主な仕様は、プロセッサがRockchip RK3168(デュアルコア Cortex-A9 1.2GHz + PowerVR SGX540)、メモリが1GB、ストレージが8GB、ディスプレイが5点マルチタッチ対応7型(1,280×800ドット)ディスプレイ、OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)。

インタフェースは、MicroUSB(クライアント・ホスト機能対応)、miniHDMI、IEEE802.11 b/g/n対応無線LAN、Bluetooth Ver.2.1+EDR(対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HID/SPP)、microSDカードスロット、前面カメラ(30万画素)、背面カメラ(200万画素)、ヘッドホン出力など。バッテリ駆動時間は通信機能をオフにした状態で約4.5時間。

本体サイズはW191×D113×H7.9mm、重量は約272g。

Diginnos Tablet DG-Q10S

10.1型「Diginnos Tablet DG-Q10S」の主な仕様は、プロセッサがRockchip RK3188(クアッドコア Cortex-A9 1.6GHz + Mali-400MP4)、メモリが1GB、ストレージが16GB、ディスプレイが10点マルチタッチ対応10.1型(1,280×800ドット)ディスプレイ、OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)。

インタフェースは、MicroUSB(クライアント・ホスト機能対応)、miniHDMI、IEEE802.11 b/g/n対応無線LAN、Bluetooth Ver.4.0、microSDカードスロット、前面カメラ(30万画素)、背面カメラ(200万画素)、ヘッドホン出力など。バッテリ駆動時間は通信機能をオフにした状態で約7時間。

本体サイズはW191×D113×H7.9mm、重量は約272g。

いずれのモデルにも、日本語入力アプリ「Simeji」や、ファイル管理アプリ「ESファイルエクスプローラー」などのアプリをプリインストールする。

なお、ドスパラ店頭およびWeb通販で「Diginnos Tablet DG-D07S」と「Diginnos Tablet DG-Q10S」の予約を行ったユーザーから先着で、予約特典として非光沢タイプの専用保護シートをプレゼントするという。対象人数は「Diginnos Tablet DG-D07S」と「Diginnos Tablet DG-Q10S」でそれぞれ300名ずつの合計600名。

人気記事

一覧

新着記事

『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー
みなさんメガネ男子は好きですか?『おそ松さん』が一番くじでメガネ姿を披露
[20:00 7/23] ホビー
「夏目友人帳 伍」は10月から!夏目とニャンコ先生の新カットも公開
[19:38 7/23] ホビー
東国原英夫vs上西小百合が因縁の生対決 - 27時間テレビ『バイキングSP』
[19:33 7/23] エンタメ
[長谷川博己]始球式“失敗”のゴジラをフォロー ナイスゴールで会場沸かす
[19:30 7/23] エンタメ