世界遺産の富士山をデザインした印鑑が登場-「富嶽三十六景」がモチーフ

ニュース
トップ

世界遺産の富士山をデザインした印鑑が登場-「富嶽三十六景」がモチーフ

  [2013/07/10]

城山博文堂は、印面に名前と共に富士山のデザインを彫り込んだはんこ「富嶽印鑑」を発売した。価格は、 浸透印タイプ(シャチハタ社製・16ミリ丸~)が3,360円~、印鑑タイプ(本柘製など・13.5ミリ丸~)が5,680円~。

「富嶽印鑑」

「富嶽印鑑」は、葛飾北斎の「富嶽三十六景」を模した富士山のデザインをあしらったもので、印鑑タイプであれば多くの銀行で銀行印としても使用できるという。デザインは全46種で、「富嶽三十六景」で描かれたすべての富士山をあしらったデザインを用意している。一般的な印鑑やネーム印と比べて精密な彫りが必要となるため、大きめのサイズでの販売となっているとのこと。なお、同商品の納期は注文から約2~3週間。Webサイト「おもしろMY印鑑」より購入することができる。

関連したタグ

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    左大腿直筋の肉離れでヤクルト・バレンティンが抹消 25日のプロ野球公示
    [17:05 4/25] ライフ
    順位上げたいクロップ監督「カップ戦だけに懸けることはできない」
    [17:00 4/25] ライフ
    米戦略軍、核兵器の役割縮小 - 作戦立案で攻撃目標変更
    [16:46 4/25] 共同通信
    かつての甲子園優勝投手 背番号『18』を付ける2人は今…
    [16:45 4/25] ライフ
    ドルトCEOがギュンドアンのマンU移籍合意を否定と独紙報道
    [16:41 4/25] ライフ

    特別企画

    一覧