世界遺産の富士山をデザインした印鑑が登場-「富嶽三十六景」がモチーフ

ニュース
トップ

世界遺産の富士山をデザインした印鑑が登場-「富嶽三十六景」がモチーフ

  [2013/07/10]

城山博文堂は、印面に名前と共に富士山のデザインを彫り込んだはんこ「富嶽印鑑」を発売した。価格は、 浸透印タイプ(シャチハタ社製・16ミリ丸~)が3,360円~、印鑑タイプ(本柘製など・13.5ミリ丸~)が5,680円~。

「富嶽印鑑」

「富嶽印鑑」は、葛飾北斎の「富嶽三十六景」を模した富士山のデザインをあしらったもので、印鑑タイプであれば多くの銀行で銀行印としても使用できるという。デザインは全46種で、「富嶽三十六景」で描かれたすべての富士山をあしらったデザインを用意している。一般的な印鑑やネーム印と比べて精密な彫りが必要となるため、大きめのサイズでの販売となっているとのこと。なお、同商品の納期は注文から約2~3週間。Webサイト「おもしろMY印鑑」より購入することができる。

関連したタグ

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    パナソニック、災害時にAC100Vの使用が可能なソーラー街路灯
    [11:16 11/21] エンタープライズ
    東京都・南青山に、猫のための「心療内科」が登場 - 犬もOK
    [11:15 11/21] ライフ
    スペクトリス、レーザ回折式粒度分布測定装置アクセサリHydro Sightを発表
    [11:11 11/21] テクノロジー
    米Corning「Gorilla Glass 4」発表、デバイス落下時の耐損傷性が向上
    [11:10 11/21] 携帯
    【特別企画】妖怪ウォッチの年賀状も! IT家電ジャーナリスト安蔵氏がブラザーの新「PRIVIO」で年賀状を作ってみた
    [11:09 11/21] パソコン

    特別企画

    一覧