JR東日本に新型車両2形式 - E129系とディーゼルハイブリッド車両HB-E210系

  [2013/07/02]

JR東日本は2日、新潟地区向けにE129系一般形車両を、仙台地区の仙石線・東北本線接続線用にHB-E210系ディーゼルハイブリッド車両を新造すると発表した。

新潟地区向けE129系(JR東日本提供)

E129系は2014年度から順次運転を開始する。運用区間は上越線水上~宮内間、信越本線直江津~新潟間、羽越本線新津~村上間、白新線、越後線、弥彦線。

車内は従来の115系と同じくセミクロスシートだが、ユニバーサルデザインを考慮したインテリアとなり、座席の幅が拡大されて快適性も向上。2両編成の定員は273名、4両編成の定員は581名と、いずれも115系の定員(2両編成236名、4両編成490名)を上回っている。車内照明のオールLED化などにより、115系と比べて約5割の消費電力量で走行できる。

E129系は2両編成を30編成、4両編成を25編成、計160両を新造する予定。新潟地区の気候を考慮した耐寒耐雪構造の車両となる。

写真は小海線のキハE200形(JR東日本提供)。HB-E210系はキハE200形と同様、ディーゼルハイブリッドシステムを搭載する

仙台地区では2015年、仙石線・東北本線接続線(塩釜~高城町間)の開業を予定しており、仙台~石巻間で、「気動車による直通運転」を行うことが発表されている。

この仙石線・東北本線接続線用に導入されるのがHB-E210系で、小海線のキハE200形、盛岡地区・秋田地区・長野地区向けに導入されたHB-E300系に続くディーゼルハイブリッド車両に。車両の状況に応じ、2種類の電力源(ディーゼルエンジン発電機と蓄電池)を単独または組み合わせることで、必要な動力を発生させるディーゼルハイブリッドシステムを搭載する。燃料消費量が低減されるほか、窒素酸化物(NOx)と粒子状物質(PM)の排出量も約6割低減。車内照明はオールLED化される。

HB-E210系は2両1編成で計8編成を新造。片側3扉(半自動機能付き)で耐寒耐雪構造となる。仙石線・東北本線接続線が開業する2015年から運転開始される。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[野村周平]「たまには男に…」と爆弾発言 過酷な撮影で「理性がぶっ飛んだ」
[17:22 2/13] エンタメ
iiyama PC「STYLE∞」、Win 7 Proを搭載した15.6型エントリノートPC
[17:11 2/13] パソコン
ジダン監督、レアル本拠地での国王杯決勝開催に難色…バルサ優勝を懸念か
[17:04 2/13] ライフ
自由契約組が再出発 新天地で開幕一軍を目指す!
[17:00 2/13] ライフ
[蛭子能収]三船美佳からのバレンタインサプライズにデレデレ
[16:59 2/13] エンタメ

特別企画 PR