西武鉄道6000系、劇場版『あの花』公開記念でラッピング電車に!

西武鉄道はこのほど、秩父が舞台設定のモデルとなったアニメ映画『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の公開を記念し、ラッピング電車の運行を開始した。

電車へのラッピングイメージ(写真は前回実施の際の様子)

ラッピング電車に使用されるのは、作中でゆきあつとつるこが通学に使用していた同社の6000系車両。運行初日となった7月1日には、小手指~元町・中華街間のほか、作品の舞台のひとつとされる飯能駅までの運行も行われた。このラッピング電車は「『あの花』の舞台、秩父の町を横断します!」とのことで、『あの花』ファンの注目を集めそうだ。

その他、映画の公開に関連して、写真投稿キャンペーン「あの花咲かそうプロジェクト」が始まったほか、特典付き劇場前売り券の発売なども予定されているとのこと。『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』(配給:アニプレックス)は8月31日より、新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事