ジャニーズにハマる心理について40代女性ファンが語り合う

「子供より年下の男の子にキャーキャー言うなんて…」そう思っているあなたもある日突然、運命のようにその魅力にハマっちゃうかも。このところ、大人の女性の心をつかんで離さないジャニーズJr.。わが子と同じ、いやそれより下の子たちに熱狂しちゃうわけだけど、ファンはどんなところにグッときてるのか――Jr.ファンの強者主婦4人が登場、その熱~い思いを語ってくれました。

K代(47才):10代の頃はアイドルには全く興味なくて、世良公則(57才)が好きだった。それが40才を過ぎて、まさかジャニーズにハマるなんて自分でもビックリ!!

U子(44才):周りでは韓流にハマる人も多いんですが、私はジャニーズの上下関係が好きなんですよ。後輩が先輩の衣装を着たり、コンサートで先輩と後輩の絡みがあったり。上から下に受け継いでいく男同士の世界にハマっています。

W子(45才):2次元的なものが好きな人もハマりやすいよね。私、宝塚歌劇団の『ベルばら』を見に行ったときに、オスカルとアンドレを見てふまけん(菊池風磨・18才と中島健人・19才)だ!と思ったもん。

U子(44才):ふまけんは少女マンガでいうと、ヒロインを取り合うふたりのキャラ。『キャンディキャンディ』のアンソニーとテリーって感じで、少女マンガ世代の40代、50代のファンも多いですよね。

N美:みんなシンメ(シンメトリーの略。左右対称で踊ったりするコンビのこと)好きだよね。仁亀(赤西仁・28才と亀梨和也・27才)、やまとま(山下智久・28才と生田斗真・28才)とかね。

W子:『あまちゃん』(NHK)で「アイドルってね、かわいいだけじゃダメなの。かわいいだけの子を、かわいくない子が追い抜いていく世界なの」って言ってたんだけど、AKB48もジャニーズもまさにそうだよね。

U子:とにかくエンタメにかけるみんなの意気込みや必死さが素晴らしくて心を打たれるんですよね。

K代:推しが王道じゃないほど応援に熱が入るし、みんながいかないところにいく、ちょっとした優越感みたいなものもあるよね。

W子:わかるわかる!「えっ? 誰それ?」って言われるのが快感(笑い)。

N美:でも、息子の年齢を超える超えないは男の子ママには結構ボーダーラインじゃない? いったん超えちゃえばじゃんじゃんいけるんだけど(笑い)。

W子:私は自分の子供と投影しているところがあるの。ふまけんってふたりとも普通の学校に通って、風磨くんに関しては課題の多い高校から大学に入ったじゃない? 24時間アイドルというよりは、普通の生活を謳歌して、勉強もがんばったうえでジャニーズをやっているというのがいいの。息子の友達みたいな感覚ね。

U子:でも、やっぱり息子とは違うんですよね。同電(地方のコンサートや移動などのとき、同じ電車に乗り合わせること)しちゃったりしたときには運命!と思ってときめいちゃいますもん。

K代:わが子だったら運動会で声援を送っても手を振り返してなんかくれないけど、Jr.は自分の団扇(顔写真や名前の入った必須アイテム)を必死で探してるから、一生懸命手を振ってくれる。それが嬉しいのよねー。

※女性セブン2013年7月11日号



本記事は「NEWSポストセブン」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事