ホンダ、新開発250ccエンジン搭載の軽二輪スクーター「フォルツァ Si」発表

本田技研工業は27日、スリムでスタイリッシュな新設計ボディーに、250ccの新開発エンジンを搭載した軽二輪スクーター「フォルツァ Si」を7月19日に発売すると発表した。

「フォルツァ Si」(パールヒマラヤズホワイト)

「フォルツァ Si<ABS>」(グローイングレッド)

フォルツァ Siは、取り回しやすさと快適な走りに加えて、使い勝手に優れた装備を追求したという軽二輪スクーター。新開発エンジンは軽量・コンパクトな設計とし、低フリクション技術を多岐にわたって採用するなどして、41.0km/L(60km/h定地走行テスト値)という燃費性能を実現している。

また、新設計のフレームの採用によって、スリムなボディーとシート下の大容量(53L)ラゲージボックス確保を両立。カラーリングは、「パールヒマラヤズホワイト」「グローイングレッド」「アステロイドブラックメタリック」の3色を設定している。

前・後ホイールには、新デザインのアルミキャスト製のY字型スポークを採用。フロント14インチ、リア13インチという大径サイズとしながら、シート高を715mmに抑えることで、余裕のある走りと取り回しやすさを両立させたとのこと。ブレーキは、前・後輪連動のコンビブレーキシステムを採用しており、ABS機能を組み合わせたコンバインドABSもタイプ設定されている。価格は、フォルツァ Siが53万9,700円、フォルツァ Si<ABS>が58万9,050円。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事