東京地裁、サムスンの特許権侵害を認定 - Appleが勝訴

 

米Appleが日本サムスンなどに対して、1億円の損害賠償を求めていた訴訟で、東京地方裁判所はサムスン側の特許権侵害を認める中間判決を出した。

今回の訴訟は、iOSの「バウンスバック」と呼ばれる技術が争点となっていた。賠償額については、今後、審理が継続されることになっている。Appleは同技術に関する特許を国内で2008年に出願していた。本件については、米国での訴訟においても、Apple側の特許を侵害していると認定されている。

Appleとサムスンに関しては、2011年4月にAppleが、サムスンのAndroidスマートフォンとタブレットがiPhone、iPadを露骨に真似しているとして、特許権や商標権などの侵害で米カリフォルニア州北地区サンノゼ連邦地裁に提訴。その後、各国でAppleがサムスンを提訴している。

人気記事

一覧

新着記事

[剛力彩芽]24歳のサプライズバースデーで号泣
[05:00 8/29] エンタメ
新たな末柄里恵大好き声優その名は駒形友梨! 新ユニットも明かされた『ミリオンライブ!』in C3TOKYO
[00:43 8/29] ホビー
[NMB48矢倉楓子]「ヤンマガ」グラビアでビキニ披露 選抜ネクストガールズのセンターが大胆に
[00:00 8/29] エンタメ
[瑛茉ジャスミン]「天才てれびくん」出身の美女が「ヤンマガ」グラビアでセクシーに ビキニ姿を披露
[00:00 8/29] エンタメ
Googleお役立ちテクニック - GoogleドライブをPCにインストールする
[00:00 8/29] パソコン