ネットで製品を製造・販売できる! 3Dプリンタを用いたマーケットサイト始動

カブクは、日本初の3Dものづくりマーケットサイト「rinkak(リンカク)」を開設し、クローズドβ版の事前登録を開始した。

「rinkak」は、3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いて、インターネット上で手軽にプロダクトの製造を行うことができる、新たな"ものづくり"のマーケットサイト。クリエイターは雑貨、アクセサリー、フィギュア、ガジェットなどのオリジナル3Dデータをアップロードすることで手軽にプロダクトを製造でき、完成品をマーケットで出品・販売することも可能という。使用可能な素材は、プラスチック、陶器、金属、ラバー、フルカラー石膏となっており、多様な素材のプロダクトを製造できる。

今回事前登録を行ったユーザーには、いち早くサービス開始の連絡が届くという。なお、オープンβ版サービスも近日公開予定とのこと。同サイトでは今後もさらなる機能が追加され、"ハンドメイド"ならぬ"デジタルメイド"製品の可能性を広げていくとしている。

プロダクトイメージ

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事