Apple、Mac用Javaを更新 - Java SE 6のバージョンを1.6.0_51にアップデート

 

米Appleは、Mac OS X用のJavaアップデートを公開した。このアップデートにより、Java SE 6のバージョンが1.6.0_51となり、セキュリティ・信頼性・互換性が向上する。

今回公開されたアップデートは、OS X Lion/Mountain Lion用の「Java for OS X 2013-004」とMac OS X 10.6 Snow Leopard用の「Java for Mac OS X 10.6 Update 16」の2つ。なお、Java 7のアップデートについては、Oracleから最新のセキュリティアップデートとなる「Java 7 Update 25」が公開されている。

今回のアップデートでは、34件の脆弱性の修正が含まれている。バージョン1.6.0_45においては、信頼できないJavaアプレットによって、Javaサンドボックスの外で任意のコードを実行される可能性があり、悪意あるWebページにアクセスすると、制御を奪われる恐れがあった。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Apple Watch Series 2のスイミングワークアウトを試す - 松村太郎のApple深読み・先読み
[22:32 9/29] スマホとデジタル家電
アミュレット、USB 3.1 Gen2対応でRIAD機能搭載のストレージケース
[22:19 9/29] パソコン
柳葉敏郎、さんまへの土下座の真相告白「タクシーの前で…」
[22:15 9/29] エンタメ
[ベッキー]上半身ヌードでセクシーに“美背中”披露 髪もばっさりショートに
[22:12 9/29] エンタメ
長谷川豊、ブログ発言での報道番組降板「夢にも思っていませんでした」
[21:52 9/29] エンタメ