Apple、Mac用Javaを更新 - Java SE 6のバージョンを1.6.0_51にアップデート

 

米Appleは、Mac OS X用のJavaアップデートを公開した。このアップデートにより、Java SE 6のバージョンが1.6.0_51となり、セキュリティ・信頼性・互換性が向上する。

今回公開されたアップデートは、OS X Lion/Mountain Lion用の「Java for OS X 2013-004」とMac OS X 10.6 Snow Leopard用の「Java for Mac OS X 10.6 Update 16」の2つ。なお、Java 7のアップデートについては、Oracleから最新のセキュリティアップデートとなる「Java 7 Update 25」が公開されている。

今回のアップデートでは、34件の脆弱性の修正が含まれている。バージョン1.6.0_45においては、信頼できないJavaアプレットによって、Javaサンドボックスの外で任意のコードを実行される可能性があり、悪意あるWebページにアクセスすると、制御を奪われる恐れがあった。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

イラッとされている後輩社員の特徴
[07:00 8/28] シゴト
外国人に母国のゴキブリ退治法を聞いた - 「ハンマーだと一撃で殺せます」
[07:00 8/28] ライフスタイル
ドラマ「逃げ恥」百合ちゃん役は石田ゆり子!風見は大谷亮平、沼田は古田新太
[06:00 8/28] ホビー
小島瑠璃子、ついにドラマ初挑戦!主演の柄本佑と“グルメ”で事件解決
[06:00 8/28] エンタメ
寺尾聰主演『仰げば尊し』すい臓がん、元問題児の留学…揺れる吹奏楽部の行方は
[06:00 8/28] エンタメ