Apple、Mac用Javaを更新 - Java SE 6のバージョンを1.6.0_51にアップデート

 

米Appleは、Mac OS X用のJavaアップデートを公開した。このアップデートにより、Java SE 6のバージョンが1.6.0_51となり、セキュリティ・信頼性・互換性が向上する。

今回公開されたアップデートは、OS X Lion/Mountain Lion用の「Java for OS X 2013-004」とMac OS X 10.6 Snow Leopard用の「Java for Mac OS X 10.6 Update 16」の2つ。なお、Java 7のアップデートについては、Oracleから最新のセキュリティアップデートとなる「Java 7 Update 25」が公開されている。

今回のアップデートでは、34件の脆弱性の修正が含まれている。バージョン1.6.0_45においては、信頼できないJavaアプレットによって、Javaサンドボックスの外で任意のコードを実行される可能性があり、悪意あるWebページにアクセスすると、制御を奪われる恐れがあった。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ASUS Vivobook E200HAを試す - 税込3万円台から買える11.6型軽量モバイルノートがパワーアップ
[05:00 7/26] パソコン
ウィル・スミス、3年ぶり来日決定! 悪党映画『スーサイド・スクワッド』PRで
[05:00 7/26] エンタメ
[ラブライブ!サンシャイン!!]Aqoursの3枚目シングルがオリコン4位 発売初週に4.7万枚
[04:00 7/26] ホビー
『ラブライブ!サンシャイン!!』、Aqoursの3rdシングルがオリコン初登場4位
[04:00 7/26] ホビー
半導体センサの成長率は数量では2桁も金額では数%程度 - IC Insights
[03:28 7/26] テクノロジー