ノートン、AR対応シューティングゲーム「ウイルス スカウター」を公開 - 「アプリでネットの平和を守れ!」キャンペーン

 

シマンテックは同社のノートン製品において「アプリでネットの平和を守れ!」キャンペーンを6月21日より開始、AR(拡張現実)対応のシューティングゲーム「ウイルス スカウター」で点数を競うユニークなものとなる。

キャンペーンは、6月21日から9月30日の期間中にスマートフォンおよびタブレット向けのキャンペーンシューティングゲームアプリ「ウイルス スカウター」をダウンロードし、スコアランキングで上位10位以内の入賞者に毎週1,000円分の電子マネー(EJOICA)が当たる。また、期間中にノートンセキュリティ製品(パッケージ版)を購入したユーザーを対象に、抽選100名に10,000円分の電子マネーギフトが当たる。詳細はキャンペーン特設サイトに掲載してある。

「ウイルス スカウター」は、ARを利用した本格的なもので、背景に出現するウイルスをカメラ機能が搭載された"ウイルス スカウター"を使い、探知レーダーに反応するウイルスを駆除していくことで、得点をゲットする。駆除には"ブラスター弾"を用いるが、起動時のブラスター弾数は限られており、少なくなるとアラートが点滅。ユーザーは、ノートンブラスターを補充しなければならない。画面内の製品BOXをスキャンしチャージャーを立ち上げ、ブラスター弾を補充するという仕掛け。

突如として出現する迫力あるウイルス、ノートンブラスターでこれらを駆除する

ブラスターは数に制限があるので、チャージしなければならない。チャージするには黄色いBOXをスキャン

店頭POPのQRからもダウンロードできる

「ウイルス スカウター」は、店頭POPのQRコードかApp StoreやGoogle Playからダウンロードできる。対応OSは、 iOS5.0以上(iPhone4S以降)、iPad / iPad mini iOS:5.1以上(iPad2以降)、Android 4.0以上。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事