カメラに雲や雨を合成!! iPhone向け気象レーダーARアプリ「アメミル」登場

 

島津ビジネスシステムズは6月18日、AR(拡張現実)技術を利用したiOS端末向け気象レーダーアプリ「アメミル」の提供を開始した。App Storeから無料でダウンロード可能。バージョン5以降のiOS端末で利用できる。

アメミルの利用イメージ

アメミルは、強い雨雲の接近を通知し、カメラを通して降雨情報を映像で表示することができるARアプリ。アプリを立ち上げるだけで現在位置周辺の雨雲の状況を簡単に確認できるほか、カメラを使って表示した現実の映像に雲や雨のアニメーションを合成するAR機能が利用できる。月額85円支払うことで、この先1時間の雨量予測をチェックすることも可能。

AR機能利用時は、周囲10kmの降雨情報を合成して表示。iPhoneなどiOS端末のカメラを向けた方向の雨量を読み取ることができる。自身が見ているAR画面をTwitterに投稿することも可能。このほか、あらかじめ登録した場所に1時間以内に雨が降るという予測が出た場合にプッシュ通知で知らせてくれる機能も搭載する。

人気記事

一覧

新着記事

仮想デスクトップの設計構築の落とし穴 第11回 [設計フェーズの落とし穴] 仮想化すればインターネット分離は簡単?
[09:00 8/29] 企業IT
TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』、新EDテーマ「こころ」を花江夏樹が担当
[08:09 8/29] ホビー
[石川恋]グラビアでセクシーなバニーガールに ビキニ姿も披露
[08:00 8/29] エンタメ
2016年上半期の音楽配信売上、前年比112%の256.6億円
[08:00 8/29] マネー
通勤定期の虚偽申請でクビってありえる? - 弁護士に聞いた
[08:00 8/29] マネー