犬の尻尾が持つ役割とは

 

犬がうれしそうに尻尾をブンブン振っている姿は、見ているだけで気持ちを和ませてくれます。犬の尻尾は、実に雄弁に感情を表しますが、具体的に、尻尾の高さや振り方でどんな気持ちを表しているのかご存じですか?尻尾の役割と合わせてチェックしてみましょう。

■そもそも尻尾の役割は?

犬の尻尾には、実はいろいろな役割があります。感情を表すことはもちろん、走るときに尻尾を回して平衡感覚をとるのに使われることもあります。フリスビー犬が走るときに尻尾をブンブン回しているのも、動きのバランスをとっているのです。

また、尻尾の長い犬限定ですが、寒い時はキツネのように体に巻き付けて寝ることも。体を保温すると同時に、鼻周りを覆って冷たい空気を吸わないようにする効果があります。

■尻尾の位置が表すものは?

それでは具体的に、尻尾が何を表すのか見ていきましょう。まずは尻尾の位置からです。

・尻尾の位置が高く、毛が逆立っている
…やや興奮気味で攻撃的。支配欲が強くなっているとき。

・尻尾の位置が高い
…自信があるときや自分の強さをアピールしたいとき。

・尻尾の位置が水平
…何か興味のあるもの、面白いものに近づこうとしているとき。

・尻尾の位置が低い
…後ろ足の位置まで下がっている時は不安な気持ちを表す。

・尻尾を足の間に巻き込む
…更に足の間に入れているときは、不安を通り越して恐怖に近い。

尻尾の位置は、良くも悪くもテンションの上下を表しています。なんとも分かりやすいですね。もしも尻尾がペタンと下がっていたら、声をかけたりスキンシップをとるなど、不安を取り除いてあげることも必要です。

■尻尾を振っているとゴキゲン?

一般的に、犬が尻尾を振っている時はうれしい感情を表していると言われています。しかし実は、尻尾の振り方にも種類があるのです。

・大きく尻尾を振る

これはまさに、うれしいという感情の表れです。ブンブン強く振っているほど、うれしい気持ちも強くなっています。ただし、尻尾の毛が逆立っていて、しかも高い位置で振っているような場合は、相手への攻撃のサインなので、注意が必要です。

・低く小さく振る

低い位置で小さく尻尾を振っているときは、相手への服従の気持ちが強くなっています。おびえているときは、この後更に尻尾の振りが小さくなって、足の間に巻き込んでしまうことも。また、飼い主に怒られた時などは、この振り方をして御機嫌を伺うこともあります。

犬の場合、「尻尾は口ほどに物を言う」といっても過言ではありません。尻尾の動きの特徴を知って、愛犬とのコミュニケーションに生かしてみましょう。

人気記事

一覧

2016年7月1日の運勢

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』、ミニ朗読劇の第四章を公開
[00:06 7/2] ホビー
【コラム】Windows 10ミニTips 第96回 OneDriveにアップロードできるファイルサイズ
[00:00 7/2] パソコン
『ジョジョ』第4部、第14話の先行場面カット&あらすじを公開ッ!
[23:52 7/1] ホビー
[今週シネマ]1、2日公開の映画 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」「セトウツミ」「全員、片想い」…
[23:49 7/1] エンタメ
[DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO]氷室京介がライブ無期限休止を決断するまでを追う
[23:38 7/1] エンタメ