国内外付型ディスクストレージ市場は前年比0.7%増 - IDC調査

IDC Japanは6月17日、国内外付型ディスクストレージシステム市場の2012年の実績と2017年までの予測を発表した。

発表によると、2012年の国内外付型ディスクストレージシステム売上額は1691億900万円で前年比0.7%増、出荷容量は903PBで同28.3%増となった。また、2012年~2017年の年間平均成長率(CAGR : Compound Annual Growth Rate)については売上額で1.8%、出荷容量で41.1%と予測している。

2012年の国内外付型ディスクストレージシステム売上額は1,691億900万円で前年比0.7%増となり、2011年に続いて2年連続のプラス成長。セグメント別売上額ではメインフレーム・ディスクストレージシステムが前年比11.3%減となったが、オープンシステム・ディスクストレージシステムが同2.8%増となり、全体で同0.7%増となった。

オープンシステム・ディスクストレージシステムは2010年から3年連続のプラス成長となり、メインフレーム向けの落ち込みを、オープンシステム向けの成長でカバーする成長パターンがより明確になったとしている。

なお、IDCでは2012年~2017年における国内外付型ディスクストレージシステム市場のCAGRを売上額で1.8%、出荷容量で41.1%と予測。同社のストレージ/サーバー/IPDS/PCs グループディレクターの森山 正秋氏は「国内外付型ディスクストレージシステム市場において成長する分野がより明確になってきた。仮想化環境やファイルストレージなど成長分野でビジネスを成長させるエコシステムをいち早く構築することが重要になる。2013年以降は、このエコシステム構築の成否によってベンダーにおける成長性の差が広がることが考えられる」と分析している。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事