猫がいる部屋でアロマを炊くと危険な理由

猫は精油を上手に代謝することができない。アロマの精油が体内に入ったとしたら、場合によっては命にかかわるため、自宅でアロマを楽しむ際には猫の体内に精油が入らないよう配慮をする必要がある。

猫は精油を上手に代謝することができない

アロマセラピーとは、植物からとれる精油を熱することで香りを出し、嗅覚を刺激することで、体の各器官や精神面に一定の効果を期待する伝承療法だ。このアロマセラピーで使われる精油は、人間だけではなく動物にも良いとされ、ノミ・寄生虫予防、皮膚疾患治療、ストレス緩和効果を得るために、皮膚塗布や経口投与などで使われてきた。

しかし猫の場合、精油成分が猫の体内に蓄積することで、中毒症状を引き起こしやすいということがわかっている。また近年は、猫に経口投与した場合だけでなく、皮膚塗布や吸入で精油成分を体内に入れるだけでも、猫に毒性があると示す例も出てきたようだ。

猫が中毒症状を引き起こす理由は、精油成分の代謝能力が低いこと、また精油成分を体外へ素早く排出することができず、体内に長くとどまるためだとされている。

ティートゥリー中毒症状では、死亡例も出ている

どの精油がどれだけ危険なのかは、残念ながら正確なデータは出ていない。ただし海外で死亡例が確認されている精油もある。それがティートゥリーと呼ばれている精油だ。いずれにせよ猫には、精油を解毒できる酵素を肝臓に持っていないと考えられている。更に猫は皮膚が薄く、経口投与や吸入でなく皮膚塗布でも、成分が体内に吸収されやすいことがわかっている。

また、スズランやユリ、ヒヤシンスなどのユリ科の植物は猫にとって猛毒。毒が全身に回れば死に至ることも。アロマの中には、このユリ科の植物の成分が含まれていることもあり、よりいっそう注意が必要だ。

日本ではアロマの歴史が浅いため、海外では一般的な事実でも、日本では十分に伝わっていないことがある。ひとまず猫を飼っているご家庭では、正確な事実の裏付けが取れるまでは、不用意にアロマを利用しない、あるいは利用する際には猫が入らない部屋で楽しむのが賢明と言えそうだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年4月23日の運勢

イチオシ記事

新着記事