中田ヤスタカ、J.J.エイブラムスと『スター・トレック』挿入楽曲でコラボ

アーティスト中田ヤスタカ(capsule)が、SFアクション大作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』にて使用される楽曲をJ.J.エイブラムス監督と共同プロデュースしたことが発表された。

映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』でJ.J.エイブラムス監督と楽曲を共同プロデュースした中田ヤスタカ
(c) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

J.J.エイブラムス監督は自身が監督や製作総指揮として関わった人気TVシリーズ「LOST」、「FRINGE/フリンジ」でも作曲を担当しており、同作では"西暦2259年のクラブ"シーンの音楽を作曲。今回の企画は、その楽曲を世界6カ国のトップアーティストと共同プロデュースするというもので、日本からは中田ヤスタカ(capsule)が参加。さらに、ゲストヴォーカリストとして、きゃりーぱみゅぱみゅも参加している。この企画に日本代表として参加した中田は「偉大なる「スター・トレック」の世界観の創造に携われたこと、光栄です。J.J.エイブラムス監督とのコラボレーションはとても刺激的であり、音楽家として未知なる冒険を体験できました。圧倒的スケールの今作は、かつて僕自身がそうだったように、様々な分野に新しく挑む人々を勇気づけてくれるような映画です。皆様も是非、臨場感にこだわり抜いて制作した楽曲と共に、楽しんで頂ければ幸いです」とコメントしている。

さらに、J.J.エイブラムス監督は今回のコラボ企画を振り返り、「6カ国のコラボレーション楽曲中、最高傑作だ」と中田とのコラボ楽曲「Into Darkness」を絶賛。7月には配信することも決定しているという。

映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は、2009年に公開された映画『スター・トレック』の続編。エンタープライズ号の内部に潜んでいた静かな悪がもたらした地球最大の危機。復讐の炎により、大量殺戮兵器と化したひとりの男の前に宇宙艦隊は全滅寸前まで追い込まれる。若きキャプテン・カーク(クリス・パイン)は、世界を救うため、その男を追って自ら戦闘地帯へ身を投じる。

映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は8月23日より全国公開。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事