Twitter、「TweetDeck」のWeb版・Chrome版ともUIをアップデート

 

米Twitterは5日(現地時間)、公式クライアントソフト「TweetDeck」のWeb版とGoogle Chrome版をアップデートした。画面上部にあったツールバーを廃して、サイドバーとして左端に移設。サイドバーからは任意のカラムにボタンクリック一つで移動することが可能となった。

アップデートされたTweetDeck

画面上部から左サイドへ操作インタフェースを移動させたことで、各カラムの縦幅が延び、若干ながら多くのTweetを表示できるようになったことがメリット。ワイド液晶搭載PCが大多数を占める今の時流にあったアップデートといえるだろう。サイドバーには上から、「新規Tweet」「検索」ボタンが配置され、その下に登録されているカラムのボタン群が並ぶ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

デル、2U4ソケットサーバの第13世代「Dell PowerEdge R830」を提供開始
[10:58 6/29] 企業IT
【特別企画】ピアノの先生も興味津々! - カシオの電子ピアノ「CELVIANO Grand Hybrid」
[10:52 6/29] 家電
Google、2016年上半期検索ランキングを発表
[10:38 6/29] 企業IT
日本人の飲酒マナーは外国人に不評? - 「誰もが狂っているよう」
[10:30 6/29] ヘルスケア
データセンター、技術革新によりこの10年間は消費電力横ばい
[10:30 6/29] 企業IT