女性が理解できない恋人の性癖 -「常に胸を触る」「おでこのにおいを嗅ぐ」

Q.どうしても理解できない恋人(もしくは元恋人)の性癖はありますか?

「なんで男の人って、あんなに足の指が好きなんだろうね~?」「いや、私の彼氏は違うけど……」「ええっ?!!」。どうやら私の彼氏の性癖は、一般的ではないような……? 今回は、マイナビニュース会員のうち独身女性200名に、どうしても理解できない恋人の性癖について教えてもらった。

Q.どうしても理解できない恋人(もしくは元恋人)の性癖はありますか?

はい 15.5%
いいえ 84.5%

Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)それはどんな性癖ですか?

■年中盛ってる
・「街中でやたらと触ってくる」(29歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「どこでも、エッチしたがる」(18歳女性/学生/その他)
・「元恋人は二人っきりになると、車の中、食事中、就寝時でも常に胸を触ってきた……今思い出すだけでも気持ち悪い……」(23歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

■局部フェチ
・「足をなでるのが好き」(26歳女性/医療・福祉/事務系専門職)
・「わきをなめたがる」(24歳女性/電力・ガス・石油/営業職)
・「腰を触りたがる」(24歳女性/電機/事務系専門職)

■におい大好き
・「靴下のにおいをかぐ」(26歳女性/電機/技術職)
・「おでこの皮脂をぬぐってにおいを嗅ぐ」(30歳女性/金融・証券/営業職)
・「匂いフェチで、香水を変えると怒る」(25歳女性/金融・証券/事務系専門職)

■その他、あんな性癖
・「毎回、一緒にお風呂に入るのを楽しみにしていること」(23歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「性癖というほどではないが、行為の前にAVを当たり前につけるのが意味不明だった」(25歳女性/情報・IT/事務系専門職)
・「Mでまったく攻めてこない」(24歳女性/医療・福祉/専門職)
・「赤ちゃん言葉で甘えてくる」(25歳女性/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)
・「恥ずかしい言葉を言わせる、恥ずかしがりながら言うのが良いらしい……わからない」(23歳女性/医療・福祉/専門職)

■総評
どうしてもガマンできない恋人の性癖、まずは「どこでも触ってくる」という意見。男性ならば、女体には常に興味があるもので、これは仕方ない気もする。とはいえ、ところ構わずお触りされる方の身にもなってほしい、という女性側の意見も当然だ。人目を気にしているのは女性だけ?!ということか。

次に多かったのが、さまざまなフェチに悩まされている人たちの回答。脚、脇の下、腰、胸など、局部に異様なこだわりをもつ男性の欲望に、付き合いきれないという女性も多いようだ。また、匂いフェチで靴下やおでこを匂われたという意見も。それが好きと言われても、恥ずかしい気持ちになる女性がほとんどかも。中には、香水を変えたら怒られた、という声も。相当鼻のきく敏感な男性がいるらしい。

その他、赤ちゃん言葉を使いたがる男性、お風呂に一緒に入りたがる男性、行為の前に必ずAVをつける男性など、さまざまな体験談が寄せられた。ちょっとぐらいなら変わった性癖があるほうが、2人の秘密みたいで楽しい?!

(文・アリウープ 中嶋絵里)

調査時期: 2013年5月27日~2013年5月28日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 女性200名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

人気記事

一覧

2017年2月22日の運勢

イチオシ記事

新着記事