NICT、新世代ネットワークの実現に向けた欧州との共同研究開発を発表

 

情報通信研究機構(NICT)は2013年6月3日、新世代ネットワークの早期実現に向けて日欧共同で研究開発を行う日本の機関に対し、研究開発の委託内容を決定し、2013年から研究を開始していることを発表した。

NICTは欧州委員会と共同で、2012年10月~11月にかけて新世代ネットワークに関する研究開発の募集を行なっていた。研究開発課題は「モノのネットワークとクラウドを融合するネットワークサービス基盤の研究開発」「ネットワークテストベッドを活用した日欧における実証的共同研究」「コンテンツ指向ネットワーキングによる省エネルギーコンテンツ配信の研究開発」の3つが採用された。

この委託研究では、欧州委員会が実施するFramework Program 7(FP7)と連携し、新世代ネットワークあるいは将来のインターネット分野における、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)とクラウドの融合技術、およびコンテンツ指向ネットワーキングによる省エネルギーコンテンツ配信技術について、日欧双方での共同研究開発を進める。また、日本と欧州のテストベッドを接続して実証的な共同研究開発を行う。

これらの研究開発の実施において、日本と欧州の強みを組み合わせることによって研究開発力が高まり、成果の国際的な展開や国際標準化などへの提案が期待できるという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

水不足に備えよ! 東急ハンズがすすめる節水グッズ6選
[04:00 7/31] ライフスタイル
ビール付き観覧車に牡蠣つかみ取りも! 札幌の屋上ビアガーデン3選
[04:00 7/31] 趣味
極楽とんぼ、11年ぶり"ケンカ"披露!「懐かしすぎる」「やっぱ最高」の声
[23:45 7/30] エンタメ
シンデレラガールズCD歴代出荷ナンバーワンはあの曲! CD&映像累計300万枚突破&『STARLIGHT MASTER』シリーズ発売記念イベント
[22:46 7/30] ホビー
[笑ってはいけない]お尻たたきは痛いのか? 話題のバスに乗ってみた
[22:45 7/30] エンタメ