夫の87%は妻が好き -「かわいらしい」「全部好き」「こんな僕を捨てない」

 

Q.妻が好きですか?

いつも笑顔で明るい妻。恋人時代のようなドキドキはないけれど、一緒にいるだけでホッとできる大切な存在なんだよなぁ……。今回はマイナビニュース会員の既婚男性200人に対し、妻のどんなところが「好き」または「好きではない」か聞いてみた。

Q.妻が好きですか?
はい 87%
いいえ 13%

Q.それはどうしてですか? どんなところが好き or 好きではないですか?

「妻が好き」派の回答

■支えてくれるから
・「私を好きでよく尽くしてくれるから」(30歳男性/不動産/事務系専門職)
・「きちんと家事と家計を仕切ってくれるところ」(46歳男性/その他/事務系専門職)
・「料理がうまい」(57歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「いつも支えてくれて感謝しています」(34歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「子育て、家事をしっかりやってくれている」(31歳男性/情報・IT/営業職)

■女性として魅力的
・「かわいらしいところ」(28歳男性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「きれい。色気」(41歳男性/建設・土木/営業職)
・「愛らしい」(41歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「好きだから好きです。エッチだからです」(28歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「怒らなければかわいい」(31歳男性/情報・IT/技術職)

■楽しく過ごせるから!!
・「明るい、笑顔でいてくれる」(29歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「日々の生活そのものを楽しませようとしてくれるので」(46歳男性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「一緒にいて楽しいから。会話が面白いので一緒にいて飽きません」(34歳男性/情報・IT/技術職)

■優しさや思いやりがある
・「気遣いができ、思いやってくれているから」(34歳男性/情報・IT/技術職)
・「優しく性格がいいので」(36歳男性/小売店/販売職)
・「器が大きいこと」(33歳男性/情報・IT/技術職)
・「心根の優しさ・美しさ」(35歳男性/ソフトウェア/技術職)
・「思慮深く、頼りになる」(55歳男性/医療・福祉/専門職)
・「夫の自分のことを好きでいてくれて、態度にも出しているから。好きでいてくれる人をなかなか嫌いにはならない」(27歳男性/機械・精密機器/技術職)

■頭があがりません……
・「しっかりしているから」(40歳男性/小売店/販売職・サービス系)
・「はっきりものをいうところ」(63歳男性/不動産/経営・コンサルタント系)
・「何でもわかっている」(45歳男性/医療・福祉/専門職)
・「自分に欠けている点を持っているから信頼しているし、好きです」(52歳男性/電機/技術職)
・「容姿、母親として頑張っているところ、仕事と家事を両立しているところ」(38歳男性/無職)

■安らぎの存在
・「俺のことを全て受け入れてくれている」(30歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「一緒にいてほっとするところ。間が合うところ」(46歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「一緒にいてすべてが救われるから」(26歳男性/医療・福祉/専門職)
・「こんな僕を捨てないから」(35歳男性/電機/技術職)
・「なんだかんだいっても、自分が癒やされる唯一の人」(44歳男性/商社・卸/営業職)

■性格は違っても……
・「お互いの苦手な部分を補えているから」(32歳男性/食品・飲料/技術職)
・「自分と性格が合うか、向こうが合わせてくれている」(43歳男性/その他/事務系専門職)
・「性格はまったく異なっているが,それが対立の原因にならないこと」(55歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)

■とにかく好き!!
・「全部」(26歳男性/情報・IT/事務系専門職)
・「理由はない!!!!!!!!!」(37歳男性/不動産/営業職)
・「不満な所がない。全てが好き」(25歳男性/その他/その他)

■微妙な回答も?
・「好きか嫌いかで言えば好き」(40歳男性/自動車関連/技術職)
・「そう思わないといけないから」(36歳男性/通信/技術職)
・「しょうがないので」(51歳男性/医薬品・化粧品/技術職)
・「好きでも嫌いでもない」(61歳男性/建設・土木/技術職)
・「今のところは……」(36歳男性/商社・卸/事務系専門職)
・「もはや空気なので、必要ではある」(47歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

「妻が好きではない」派の回答

■人間性に問題
・「偏見が多すぎる」(37歳男性/人材派遣・人材紹介/営業職)
・「利己的なところ」(48歳男性/情報・IT/技術職)
・「うるさい」(50歳男性/電機/技術職)
・「子どもに自分の悪口を言うところ」(48歳男性/情報・IT/事務系専門職)
・「ヒステリーだから、怒らせたら終わりだ」(35歳男性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

■相性が悪い
・「根本的に性格が合わないから」(35歳男性/ソフトウェア/技術職)
・「夫婦生活」(48歳男性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「そっけないところが嫌い」(37歳男性/警備・メンテナンス/技術職)
・「価値観が全く合わない。話をしていて腹が立つ。すること全てが雑」(44歳男性/自動車関連/技術職)

■もっとしっかりして!!
・「親離れできず、いつも親を頼っている」(50歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「お金等の管理が適当で必要な時にない」(37歳男性/情報・IT/販売職・サービス系)
・「いつまでも子供で変化がない。変化しない人には魅力がないと思う」(30歳男性/情報・IT/事務系専門職)

■その他
・「自分を管理して、自由にさせてくれないこと」(31歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「あまりにお金に無頓着」(23歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「仕方なく結婚したから」(25歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)

■総評
「妻が好き」と答えた男性はなんと約9割。結婚後の悲惨なエピソードばかりが聞かれることを考えると、かなり意外な結果となった。なお、女性版アンケートでもほぼ同率という結果がでている。なんだかんだ言っても、仲のよい夫婦は多いのかもしれない。

「妻が好き」派の回答で多かったのは「かわいらしいから」というもの。外見的な"かわいらしさ"を挙げた人ももちろんいたが、「自分を頼ってくれる」「ひたむきだから」といった妻の健気な姿勢に胸を打たれている男性も少なくなかった。

また、「家事や育児をしっかりやってくれる」「笑顔を絶やさない」「自分を癒やしてくれる」などなど、母性あふれる妻の姿にホレボレしている回答も多く見られた。妻との関係が良好でありさえすれば、自分を頼ってくれるのも、自分を甘えさせてくれるのも、夫にとっては幸せらしい。

一方「妻が好きではない」夫たちの回答を見てみると、「うるさい」「偏見が多すぎる」「することがすべて雑」「根本的に性格が合わない」など、辛辣な批判が噴出。さらには「仕方なく結婚したから」という、冷たい回答も寄せられていた。回答から察するに、妻と夫の一方だけが「嫌い」という状況は考えにくい。「結婚は人生の墓場」などという言葉もあるが、お互いが忌み嫌い合って暮らしていくなんて、あまりにも悲しすぎる……。

調査時期: 2013年4月5日~2013年4月9日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男性200名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

人気記事

一覧

2016年7月24日の運勢

イチオシ記事

新着記事

最新映画『ONE PIECE』初日に豪華声優陣が集結 - 劇中さながらのやりとりにファン興奮
[10:00 7/24] ホビー
劇場版『アクセル・ワールド』、ついに公開! キャスト登壇の初日舞台挨拶
[10:00 7/24] ホビー
待ち合わせのときiPhoneを役立てるベストな方法は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[10:00 7/24] スマホとデジタル家電
[中島亜梨沙]「真田丸」“妖艶”吉野太夫 “干物女”と自称するギャップ
[09:00 7/24] エンタメ
EvernoteからOneNoteに移行するには? - イチからはじめるOneNote
[09:00 7/24] スマホとデジタル家電