ドン引きされる食事中のNGマナー

子供に食事のマナーを教えなければいけないとき、意外と自分も知らなかったりすることって多いですよね。また社会人になると、初対面の人と食事する機会も増えるもの。知らず知らずにタブーをしていて、周囲から引かれるのだけは避けたいところです。そこで、是非こんなことをしていたら要注意という、食事のタブーを見直してみたいと思います。

■犬食い

御飯を手に持たず、テーブルに置いたまま顔を近づけて食べることを、「犬食い」と言います。犬が好きな方には失礼なたとえかもしれませんが、手が使えるのに食器を持たずに御飯を食べるのは不作法に見えてしまいやすい動作です。

また顔をテーブルに近づけて食べるうつむき姿勢は、食事の雰囲気も暗くなりがちです。

正しい姿勢で器を持ち、御飯を食べましょう。ちなみに持ち上げるのが大変な器まで、手に持って食べる必要はありません。

■お箸のタブーは意外に多い

なぜ、これほどまでにタブーが多いのか、不思議なのがお箸のタブー。でも、実際に他人がやっているのを見ると「見苦しいなぁ~」と思うことも多いもの。自分もついやっていないかチェックしておきましょう。

よくやりがちなのはお箸の先をなめる「なぶりばし」や、一度箸をつけたものを食べずに他のおかずをとる「うつりばし」。見ている人がイヤな気持ちになりやすいので、要注意です。その他、禁忌とされているのが、「仏ばし」。仏壇に供えるように、ごはんにお箸を上から差して放置するのは厳禁です。

■食事中に髪の毛をさわる

女性なら気をつけておきたいのが、ふと気が緩んだときに髪の毛をさわる癖。食事中に髪の毛についたほこりや菌が手につく様子を、一緒に食事している人に想像させてしまいます。

■音をたてて食べる

食べ方のタブーで、もっとも嫌われやすいのが、この音をたてて食事をするタブー。そばやラーメン、うどんなどを食べるときに音をたててすするのはOKですが、御飯やおかずなど音をたててくちゃくちゃかむのは、人と食事するときは厳禁。

■過度な話食い

食事とともに会話を楽しむのは大切なことですが、盛り上がりすぎて御飯が口から飛ぶような人とは、一緒に食事したくないもの。話し食いは、ほどほどが一番です。

■食い散らかし

誰にでも好き嫌いはあります。でも、明らかに食べられるものを少量ずつ残したまま、食事を下げてしまう行為は、見ている人の気分も悪くなりやすい行為です。食べられるものは、きちんと最後まで食べましょう。

人気記事

一覧

2016年12月6日の運勢

イチオシ記事

新着記事