ホンダ、スーパーカブのレジャー用途モデル「クロスカブ」を発表

本田技研工業は6月14日、「スーパーカブ110」をベースに、アウトドアイメージのスタイリングと装備を施した新感覚のレジャーモデル「クロスカブ」を発売する。

「クロスカブ」。カラーは、パールコーンイエローとファイティングレッドの2色

クロスカブは、乗車時のまたぎやすさやレッグシールドを備えたスーパーカブの実用的な車体構成を踏襲しながら、タフなイメージのヘッドライト回りや幅広くアップライトなハンドルなどで、クロスオーバースタイルを強調したデザインを採用。カラーリングは、「パールコーンイエロー」「ファイティングレッド」の2色を設定している。

エンジンは、「スーパーカブ110」と同様の低フリクション技術を採用した空冷・4ストローク・OHC・単気筒110ccを搭載。低・中回転域重視のトルク特性だが、クロスカブ用に減速比が変更され、さらに低回転域が力強い特性となっている。

車体は、剛性に優れたバックボーンタイプのパイプフレーム、前・後サスペンションはストローク量の多いタイプとし、アウトドアでの快適な走行が楽しめるという。

その他、タイヤサイズを専用の17インチにすることで、最低地上高が「スーパーカブ110」よりも20mm高い155mmとなり、リアブレーキのドラム径を130mmに大径化、可倒式ステップの採用といった変更点がある。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事