iPhoneをロックまたはロック解除できないときの対処法

通常iPhoneのスリープボタンを押せば、スライダーを操作するだけでロック、またはロック解除できるようになっているのですが、それができない場合もあるようです。スリープボタンでロック、またはロック解除できないときには、下記の方法を一度試してみてください。

■iPhoneを再起動してみる

スリープボタンでロックまたは解除できない場合、再起動で問題が解決する場合もあります。一度iPhoneを再起動してみて、もう一度できるかどうか確かめてみましょう。

■再起動でも同じ状態なら、リセットしてみる

スリープボタンとホームボタンを、アップルマークが出るまで押し続けると、iPhoneのリセットを行うことができます。

■スリープボタンに損傷がある場合

スリープボタンに損傷があって、ロックがかけられない場合、一時的な対処法としてAssistive Touch機能を利用してロックをかける方法があります。設定は「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」からAssistive Touchをオンにすることで、利用できるようになります。Assistive Touchから「画面をロック」を操作することで、ロックがかけられるようになります。また損傷があって修理に出す場合、また修理の問い合わせなどについてはAppleサポートへ連絡しましょう。

Appleサポート連絡先

■自動ロック設定を最短にして乗り切る

これも一時的な対処法ですが、自動ロック設定の時間を最短にして乗り切る方法もあります。自動ロック設定は「設定」→「一般」→「自動ロック」から、設定時間を最短の1分を選択して設定をかけます。最短時間で自動的にロックがかかります。

■ロック解除できない場合は、復元を試してみる

画面が暗いままで、スリープボタンを押してもロック解除できないという場合は、iTunesを使って復元を試してみましょう。パソコンにiTunesが表示されたら、概要パネルで復元を選びます。iPhoneが再起動したら、設定アシスタントに従って操作してみましょう。

■スリープボタンが効かず、電源も落とせないと言う場合

こちらも一時的な対処法ですが、電源がスリープボタンで落とせない場合は、Assistive Touch機能を利用してみましょう。電源を落とす場合は、「画面ロック」を長押しすることで電源オフ・スライダーが表示されます。

人気記事

一覧

2017年6月27日の運勢

イチオシ記事

新着記事