財布だけじゃない!億万長者が乗るクルマなどの共通点5つ!

 

世の中、実に不公平で、「億万長者」と呼ばれる、お金持ちが多く存在します。
(日本では7600人に1人 ≒ 約1.7万人)

日本の「お金持ち」の定義は年間納税額3000万円以上の人を指すようで、年収に換算すると1億円前後の人が対象とか。

人気商売の有名芸能人や大企業取締役社長などの「お金持ち」は別にしても、何故それ程までにお金が持てるのか、常々不思議に思う訳ですが、そうした「普通にお金持ち」な人達の金銭感覚や「クルマ選び」はどうなっているのでしょうか ? 

ロールスロイス

メデイアなどが調査した数々の「億万長者」の特徴を集約すると、次のようになります。

〔お金持ちの共通点〕

・お金持ちの殆どが倹約家。収入より遥かに低い支出で生活

お金持ちは合理主義で、収入より遥かに低い支出で質素に暮らしている。
沢山稼ぐことよりも損をしないことに注意をはらう傾向が有り、1億円稼ぐ
ことよりも100万円損しないことに留意する人が多い。

・お金持ちは家にお金を使わない 

高額な住宅ローンは大きな負債になる為、年間所得の2倍以内に抑えている。

・お金持ちは収入の最低15%を貯蓄に回している 

最初に収入から貯金する分を取り分けてしまい、残ったお金で生活する 

・お金持ちはクルマにお金を使わない 

億万長者の全てが必ずしも新車を買うという訳ではなく、37%の人は中古車を購入。普段はフェラーリとかではなく、カローラやプリウスなどの国産車を
好んで愛用。購入した中で最も高いクルマの平均価格は300万円以下。 

・お金持ちは身につける物にお金をかけない 

億万長者が自分や家族の為に買った一番高いスーツは一着4万円程度。
半数の人は腕時計も高級モノでは無く、一般的な2万円程度のビジネス用。
靴も同様に1.4万円程度の物で済ませており、3万円以上の靴を買う人は
1割程度。 財布類もしかり。

このように「億万長者」と言えども、普段の生活ぶりは意外に質素な場合が多いようで、逆にそうしたことが財産を守ることに繋がり、無駄な散財を防いでいるようです。 

ポルシェ911GT3

そう言えばTVの自動車番組司会でお馴染みの音楽家、松任谷正隆氏も若い頃は見栄も手伝って、大きな輸入車に乗っていたものの、歳を経るとともに気疲れするようになり、現在では肩肘張らないコンパクトカーに興味の対象が移行したと言います。 

有る意味、これも「普通にお金持ち」な人達の実情を表しているのかもしれません。

招き猫

 (Avanti Yasunori)


本記事は「clicccar」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[柴咲コウ]刑事役でドラマ主演 「人間ドラマだ!」
[05:00 9/26] エンタメ
[市川由衣]第1子男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
[05:00 9/26] エンタメ
柴咲コウ、20日間の釧路ロケで「合宿好きかも」 SPドラマで屈託と孤独の役
[05:00 9/26] エンタメ
樋口大輔の新連載「ホイッスル!W」開幕!2人の主人公が紡ぐ新たなサッカー伝説
[01:20 9/26] ホビー
「orange」アニメ映画化!高野苺の描き下ろし盛り込み、“物語のその後”描く
[01:00 9/26] ホビー