財布だけじゃない!億万長者が乗るクルマなどの共通点5つ!

 

世の中、実に不公平で、「億万長者」と呼ばれる、お金持ちが多く存在します。
(日本では7600人に1人 ≒ 約1.7万人)

日本の「お金持ち」の定義は年間納税額3000万円以上の人を指すようで、年収に換算すると1億円前後の人が対象とか。

人気商売の有名芸能人や大企業取締役社長などの「お金持ち」は別にしても、何故それ程までにお金が持てるのか、常々不思議に思う訳ですが、そうした「普通にお金持ち」な人達の金銭感覚や「クルマ選び」はどうなっているのでしょうか ? 

ロールスロイス

メデイアなどが調査した数々の「億万長者」の特徴を集約すると、次のようになります。

〔お金持ちの共通点〕

・お金持ちの殆どが倹約家。収入より遥かに低い支出で生活

お金持ちは合理主義で、収入より遥かに低い支出で質素に暮らしている。
沢山稼ぐことよりも損をしないことに注意をはらう傾向が有り、1億円稼ぐ
ことよりも100万円損しないことに留意する人が多い。

・お金持ちは家にお金を使わない 

高額な住宅ローンは大きな負債になる為、年間所得の2倍以内に抑えている。

・お金持ちは収入の最低15%を貯蓄に回している 

最初に収入から貯金する分を取り分けてしまい、残ったお金で生活する 

・お金持ちはクルマにお金を使わない 

億万長者の全てが必ずしも新車を買うという訳ではなく、37%の人は中古車を購入。普段はフェラーリとかではなく、カローラやプリウスなどの国産車を
好んで愛用。購入した中で最も高いクルマの平均価格は300万円以下。 

・お金持ちは身につける物にお金をかけない 

億万長者が自分や家族の為に買った一番高いスーツは一着4万円程度。
半数の人は腕時計も高級モノでは無く、一般的な2万円程度のビジネス用。
靴も同様に1.4万円程度の物で済ませており、3万円以上の靴を買う人は
1割程度。 財布類もしかり。

このように「億万長者」と言えども、普段の生活ぶりは意外に質素な場合が多いようで、逆にそうしたことが財産を守ることに繋がり、無駄な散財を防いでいるようです。 

ポルシェ911GT3

そう言えばTVの自動車番組司会でお馴染みの音楽家、松任谷正隆氏も若い頃は見栄も手伝って、大きな輸入車に乗っていたものの、歳を経るとともに気疲れするようになり、現在では肩肘張らないコンパクトカーに興味の対象が移行したと言います。 

有る意味、これも「普通にお金持ち」な人達の実情を表しているのかもしれません。

招き猫

 (Avanti Yasunori)


本記事は「clicccar」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

矢口真里、着信拒否で絶縁状態だった美川憲一に謝罪「大先輩に…」
[21:38 8/29] エンタメ
[三浦知良選手]来年50歳でも「うまくなりたい」
[21:22 8/29] エンタメ
東国原英夫、ネット住民と直接対決「また選挙に出るつもり?」と詰め寄られ…
[21:19 8/29] エンタメ
ジュウオウジャー、「ゴーカイジャー」との共演シーンではNGも - 映画大ヒット御礼イベントで告白
[21:00 8/29] ホビー
武藤敬司流「想像の斜め上をいく極意」- 「遊び心」が「人の心」をつかむ
[21:00 8/29] エンタメ