アップル、「iTunes 11.0.3」を提供 - 多数の脆弱性を修正

 

アップルは、iTunesの最新版となる「iTunes 11.0.3」の提供を開始した。ミニプレーヤーの改善が施されたほか、多数の脆弱性が修正されている。

本バージョンでは、ミニプレーヤーにアルバムアートワークを見せるためにデザインされた新しい表示が追加され、進行状況バーが組み込まれた。さらに、"曲"ビューでアルバムアートワークを楽しめるようになったほか、 複数のディスクで構成されるアルバムが1枚のアルバムとして表示されるようになった。

また、Mac版で1件、Windows版で40件(うち1件はMac版と共通)の脆弱性が修正された。ネットワーク上で特権的な位置を占める攻撃者が、HTTPSサーバー証明書を操作することで、機密情報を漏洩させることができる問題などが解決されている。

人気記事

一覧

新着記事

Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ
親の経済力は子が食べる食品に"格差"を生む - 厚労省の乳幼児栄養調査
[16:34 8/25] ヘルスケア
ソフトバンク、「東京お台場FreeWiFi」に電話認証を導入
[16:26 8/25] スマホとデジタル家電