アップル、「iTunes 11.0.3」を提供 - 多数の脆弱性を修正

アップルは、iTunesの最新版となる「iTunes 11.0.3」の提供を開始した。ミニプレーヤーの改善が施されたほか、多数の脆弱性が修正されている。

本バージョンでは、ミニプレーヤーにアルバムアートワークを見せるためにデザインされた新しい表示が追加され、進行状況バーが組み込まれた。さらに、"曲"ビューでアルバムアートワークを楽しめるようになったほか、 複数のディスクで構成されるアルバムが1枚のアルバムとして表示されるようになった。

また、Mac版で1件、Windows版で40件(うち1件はMac版と共通)の脆弱性が修正された。ネットワーク上で特権的な位置を占める攻撃者が、HTTPSサーバー証明書を操作することで、機密情報を漏洩させることができる問題などが解決されている。

人気記事

一覧

新着記事