実は間違いだらけのアロマテラピー

 

アロマテラピーは、リラクゼーション、癒やしをもたらすアイテムとして人気。でも、意外と間違った使い方をしているって知っていましたか? やらない方がいいアロマテラピーについて、アロマセラピスト・川上千香子さんにおたずねしました。

実は使ってはいけない禁忌の香り

――リラックス効果のある香り、保湿にいい香りなどよく聞きますが、アロマオイルっていいことばかりなんですか?

「日本ではアロマオイルは雑貨扱いなのですが、ヨーロッパでは医療に使われたり、薬局で売られていることもあるものなんです。薬だって、誰でも飲んでいいというものではないように、アロマオイルも体質や状況によっては避けた方がいい、禁忌の香りもあるんですよ

また、よく妊婦さんはアロマテラピーを受けてはいけない、という話を聞きますが、私のサロンには妊婦さんも通っていらっしゃいます。むしろアロマの効果でお母さまがリラックスすることで、胎児にいい影響を与えることもあるんです」

――具体的に避けた方がいい香りを教えていただけますか?

「それについては、使用者の体調によって異なります。主治医にアロマテラピーを受けていいか確認した上で、専門知識をきちんと持っている、信頼できるテラピストの元で受けた方がいいですね。

妊婦さんはとくに禁忌の香りに気を付けないといけません。妊娠初期に使用不可な精油はラベンダー、カモミールG・Rです。これらは通経作用、つまり月経を促す作用があり、妊娠初期の方には要注意の香りといえます。

また、中期・後期に使用不可な精油は、クラリセージ、サイプレス、シダーウッド、ジャスミン、ジュニパー、ゼラニウムペパーミント、マージョラム、ミルラ、メリッサ、ヤロウ、ローズ、ローズマリーとなっています」

――では、妊婦さん以外ですとどうでしょう?

「アレルギーのある方は、ユーカリは避けた方がいいですね。また、日中にはオレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット、レモンなどのかんきつ系は避けた方がいいですよ。

香りとして楽しむには問題はないのですが、直接肌に塗って外で日光に当たると、シミの原因になりやすいんです。

ほかにも、お酒を飲んでいるときはクラリセージ、授乳時はペパーミント、マージョラム、高血圧の方はユーカリ、ローズマリーにご注意ください」

――それらの香りをかぐと、具合が悪くなったりするのでしょうか?

「いえ、その人の体質や状態も関係するので、すぐに具合が悪くなる方もいれば、何となく気分が悪くなるという程度の時もあります。ですので、思い当たることがあったら、ちょっと周囲の香りに注意してみてください」

信頼できるオイルを見つけましょう

――いま、たくさん売られているアロマオイルですが、その質に違いはあるのでしょうか?

「ひとくちにアロマオイルと言っても様々です。きちんとした精油もあれば、オイルに香りづけされただけのようなものもあります。まず、購入の際にパッケージなどに学名・科名・抽出部位・抽出方法・ノート・香りの系統などがしっかりと書かれているか確認をしてください。保存料、香料が入ってないかについてもチェックをするといいでしょう。

そして必ず原液は肌につけずに希釈し(ラベンダー、ティーツリーはOK)、使用前には必ずパッチテスト(キャリアオイル5~10mLに精油1滴を二の腕内側12時間)をします。

保存期間ですが、かんきつ系の精油は開封後約半年、それ以外は約1年。未開封でも約2年。直接日の当たらない風通しの良い冷暗所で保存してください」

皮膚や筋肉を傷つけないようマッサージの強さにも注意

――信頼できるアロマオイルを手に入れて、保存もしっかりしていれば心配なしでしょうか?

「いえ、マッサージの仕方にもご注意を。間違ったマッサージはシワを増やしたり、肌荒れの原因になるんです。

まずは手に摩擦が起きないよう、マッサージクリームなどを使うようにしてください。実はマッサージ専用ではない乳液などは、マッサージ中に乾燥してしまい、手の摩擦で顔の皮膚が伸びてたるみの原因になるんです。

特にまぶたや目の下は皮膚が薄いので、やさしくしてください。力を入れ過ぎるとお肌だけではなく筋肉も傷つけてしまいます。

また、同じところばかりを何分もマッサージしていると、コラーゲンの繊維が伸びて皮膚がたるみます。更にリンパの流れと逆のマッサージは、老廃物や余分な水分をためてしまうのでご注意を。

親指、人差し指は力が入りやすいので、中指、薬指を使って、フェイスラインは下から上に、顔は中心から外側に向かってマッサージします。滞ってしまったリンパ液を排せつし、リンパの流れをスムーズにするようにしてトリートメントするのがコツです。

それと、クレンジングしながらマッサージをする方もいらっしゃると思いますが、メイクの汚れを肌にすりこんでしまうので避けた方がいいですよ」

――せっかくのトリートメントですから、お肌に一番いい状態で行ってあげたいものですね。アロマテラピーはちゃんとやれば、美容にいいものなのですから。

「本当にそうですね。香りは正しく使えば心身をリラックスさせてくれたり、美容によいことがいっぱいです。

では最後に、働く女性におすすめの香りをご紹介しますね。

リラックスしたい時:カモミール、ネロリ、マージョラム、ラベンダーなど
集中力・記憶力:ブラックペッパー・レモン・ペパーミント・ローズマリーなど
幸福感を味わいたい時:クラリセージ、グレープフルーツ、ジャスミン、ローズオットー
元気になりたい時:カルダモン・ジュニパー・レモングラス・ローズマリーなど

是非上手に暮らしに取り入れてみてください」

川上さんのサロンでは、トリートメント前に丁寧なカウンセリングによって、使う精油を使い分け、施術が終わった後も家で簡単にできるアロマテラピーやマッサージ、美容のアドバイスをしてくれます。このように丁寧に相談に乗ってくれるサロンを見つけるのも、アロマテラピーを賢く活用するための手かもしれません。

禁忌の香りに注意して、健やかなアロマライフを!

アロマセラピスト・川上千香子さん

川上千香子
JAA日本アロマコーディネーター協会認定アロマコーディネーター、アロマセラピスト(ボディ・フェイシャル・リフレクソロジー)、アンチエイジングアドバイザー。東京都出身。JAL国際線CA時代には日本中、世界中のエステやアロマトリートメントを体感。世界各国の長所をブレンドしたオリジナルのトリートメントを、品川の完全個室のアロマトリートメントサロン・歯のホワトニングサロン「Fairy」でプロデュースしている。

(OFFICE-SANGA 平野智美)

関連キーワード

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事