酒に酔った男性、自分の性器をはさみで切断。(台湾)

  [2013/05/14]

『蘋果日報』によれば、基隆市に住む40代後半のこの男性は事件当日、午後からずっと酒を飲んでいたことを恋人に責められて口論になった。男性は怒りを自制できなくなり、ズボンを脱ぐとはさみで自分の性器を切り落としトイレに流した。女性は止める間もなかったと話している。

女性がすぐに男性を病院へ運んだが、病院に到着したとき男性は出血多量で昏睡状態に陥っていたそうだ。止血後は大病院へ搬送された。担当した医師によれば、切断後6時間以内に手術を受けていれば接合できたとのことだが、あいにくトイレに流してしまったため接合はかなわなかった。男性の状態は現在落ち着いており、今後排尿については問題ないということだ。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)


本記事は「Techinsight」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[氷室京介]4大ドームツアーを完走しライブ活動“卒業” 今後は「時間をかけてアルバム作りを」
[23:00 5/25] エンタメ
【コラム】Windowsスマートチューニング 第393回 Win 10編: レジストリファイルを作成して、設定を維持する
[22:59 5/25] パソコン
松下幸市朗「ひとり暮らしの小学生 江の島の夏」後日談を追加して書籍化
[22:41 5/25] ホビー
[鈴木亮平]「変態仮面」海外進出に喜び まさかのアカデミー賞ノミネート“変態公約”も
[22:29 5/25] エンタメ
引退した美少女戦士が裏方に就職して奮闘!シタラマサコ描くお仕事コメディ
[22:27 5/25] ホビー

特別企画 PR