シャープ、ノートPC向けIGZO液晶パネルを拡充 - 最大3,200×1,800ドット

 

シャープは14日、ノートPC向けのIGZO液晶パネルを3タイプ、同社の亀山第2工場にて生産開始することを発表した。ラインナップは11.3型/14型/15.6型で、最大解像度は3,200×1,800ドット。2013年1月から生産を始めている13.3型と合わせて、ノートPC向けIGZO液晶パネルのラインナップ拡充を図る。

生産開始する液晶パネルは、同社のIGZO技術の採用によって薄膜トランジスタを小型化し、光の透過率を向上。画素密度を高め、低消費電力化も実現できるため、ノートPCのバッテリ駆動時間を延ばすことにも貢献する。また、タッチパネル対応の設計も可能という。

シャープでは、今後もIGZO液晶パネルが有する高精細表示や省エネなどの特性を生かし、スマートフォンやタブレット、ノートPC、4Kディスプレイなどに向け、ラインナップを拡大していくとしている。

ノートPC向けIGZO液晶パネルの主な仕様

画面サイズ 11.3型 14型 15.6型 13.3型(量産中)
画素数 2,560×1,440ドット
(WQHD)
3,200×1,800ドット
(WQHD+)
3,200×1,800ドット
(WQHD+)
2,560×1,440ドット
(WQHD)
画素密度 253ppi 262ppi 235ppi 221ppi
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

西田敏行、復帰後初イベントで笑顔「万全です」- 演じたクマへの思いも
[20:35 7/27] エンタメ
海女の娘が「ウニめっちゃおる!」- 日本vs世界で漁業をテーマに"頂上対決"
[20:35 7/27] エンタメ
東京都交通局「都電荒川線スタンプラリー」沿線4区のグッズ当たる! 8/1から
[20:28 7/27] ホビー
iiyama PC、Windows 7 Professional 32bit搭載のビジネス向けミニタワーPC
[20:24 7/27] パソコン
「京急リラックマトレイン」も運行、「リラックマ×京急電車企画」8/1から
[20:20 7/27] ホビー