米Amazonが3Dディスプレイ搭載スマートフォンを開発 - WSJ報道

 

米Amazonが3Dディスプレイを備えたスマートフォンを開発していると、9日に米Wall Street Journalの電子版が伝えた。過去に開発の噂が報じられた普及帯向けスマートフォンやセットトップボックスなどと共に、アルファベットプロジェクトとして一連のハードウエア製品の開発を進めているという。

3-Dディスプレイを搭載したハイエンドスマートフォンについては、開発プロジェクトを知る複数の人物から得た情報として報じている。ホログラムのようにイメージが浮かび、広い角度で立体的な表示を実現するという。またユーザーの目をトラッキングする機能を備えており、コンテンツのナビゲーションなどに利用される可能性があるそうだ。

これら新しいハードウエア製品の開発拠点となっているカリフォルニア州クパチーノにあるLab126では、ハイエンドスマートフォン、普及帯向けスマートフォン、セットトップボックスのほか、オーディオ専用のストリーミングデバイスも開発しているという。各プロジェクトはProject A、Project Bというように命名され、全体はアルファベットプロジェクトと呼ばれている。Amazonはいくつかの製品の年内発売を目指しているが、開発の進み具合や経済状況などから一部または全てのリリースを見送る可能性もあるという。

人気記事

一覧

新着記事

『24時間テレビ』林家たい平のマラソン走行距離が100.5kmに決定「いわおゴー」
[06:00 7/30] エンタメ
柴田理恵、母と似すぎで見分けがつかない『有吉反省会』に登場
[06:00 7/30] エンタメ
[チャリティーマラソン]歌丸師匠にかけて100.5キロに 林家たい平「楽しみと不安」
[06:00 7/30] エンタメ
屋内の熱中症対策に! ダイソーの猛暑対策グッズ5選
[06:00 7/30] ライフスタイル
今くるよに「世間知らず過ぎ」と苦言…ハローキティを"にゃんにゃん"呼ばわり
[06:00 7/30] エンタメ