これぞ"プロの犯行"、有名漫画家14名のライブドローイング-ニコニコ超会議2

27日~28日の2日間にかけて幕張メッセで行われている大規模イベント「ニコニコ超会議2」。同イベント会場内の「ニコニコ静画の超Tシャツ工房2」ブースでは、有名漫画家14名が参加し、合作イラストのライブドローイングが行われている。

マジックペンや刷毛を使い、「はじめの一歩」の幕之内一歩を描いていく森川ジョージ

このライブドローイングには、ヒット作を生み出した有名漫画家が計14名参加。「ラブひな」や「ネギま!」で知られる赤松健、「モテキ」の久保ミツロウ、「どーにゃつ」連載中のコザキユースケ、「毎日かあさん」の西原理恵子、「君のいる町」の瀬尾公冶、「め組の大吾 Capeta」の曽田正人、「あしたのジョー」のちばてつや、「恋愛ジャンキー」の葉月京、「GTO」の藤沢とおる、「FAIRY TAIL」の真島ヒロ、「彼岸島」の松本光司、「ゴクジョッ。~極楽院女子高寮物語~」の宮崎摩耶、「はじめの一歩」の森川ジョージ、「ヤンキー君とメガネちゃん」の吉河美希といった面々が参加する。

普段の原稿と比べかなりスケールの大きいイラストに関しても、「イベントで何度も描いている」と語った赤松健

27日の午前から始まったライブドローイングでは、森川ジョージや赤松健、瀬尾公治、コザキユースケ、葉月京、宮崎摩耶らが、壁面に貼られた大きな紙に向いドローイングを行っていた。描画中に、「これまでに大きなイラストを描いた経験は?」と聞かれた森川ジョージは、「こんな風に大きく書く経験はないです。(描きながら)ハイライトを入れたいんだけど、なかなか(墨が)乾かないから大変」とコメントした。

左から瀬尾公治、コザキユースケ

左から葉月京、赤松健、宮崎摩耶

この催しで制作される合作イラストは2日間かけて描き上げられる予定となっているが、27日分の作業はかなり素早く進められ、午前中の段階で清書までほとんど完了しているように見えた。この作品はイベント終了後にTシャツなどに印刷してWeb通販を行い、グッズ販売によって得た収益は、東日本大震災被災地復興支援にあてられるとのことだ。

午前中の段階でペン入れまで終わっているようだ

また、参加する漫画家が事前に描いたイラストを、同ブース内でTシャツにプリントして販売している。会場で販売したイラストTシャツの収益も、上述の合作イラストと同じく東日本大震災被災地復興支援にあてられる。

なお、同ブースには漫画家のサインスペースが設置されており、サイン会も行われる。サイン会への参加条件は、チャリティーTシャツを事前販売あるいは当日販売にて購入すること。参加する漫画家はその時間帯に対応可能な人となり、必ずしもすべての漫画家がサイン会を行うわけではない。サイン会は各日ともに1日3回で、27日は12:00~13:00、14:00~15:00、16:00~17:00、28日は11:00~12:00、13:00~14:00、15:00~16:00と設定されている。

サイン会に参加した瀬尾公治(左)、森川ジョージ(右)



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事