Appleの開発者会議WWDC、過去最速わずか2分で完売

 

米Appleの開発者カンファレンス「Worldwide Developers Conference (WWDC) 2013」の参加チケットがわずか数分で完売した。WWDCは2004年からMoscone Westで開催されており、同じ会場でも一昨年のWWDC 2011は完売まで約12時間、昨年のWWDC 2012は約2時間かかった。

WWDC 2013のチケットは米太平洋夏時間の4月25日午前10時に発売開始になり、しばらくするとWWDCのチケット販売ページの表示が「Sorry, tickets are sold out.」に変わった。the VergeArs Technicaの計測によると完売までの時間は「2分」だった。

WWDCはAppleが新しいOSおよびプラットフォームを開発者に披露する場になる。昨年10月にScott Forstall氏がiOS開発の責任者から退き、デザイン担当上級副社長のJonathan Ive氏がOS/ソフトウエアを含むヒューマンインターフェイス全般をリードするようになった。次期版でiOSはユーザーインターフェイスを含めて大きく変わる可能性があり、変化をチャンスとしたいアプリ開発者の意気込みが”2分”という数字にあらわれた形だ。

人気記事

一覧

新着記事

アウディ「TT クーペ」にエントリーグレードを追加 - 限定モデル2台も発売
[05:27 8/28] ホビー
ボルボ「XC90 エクセレンス」発表 - 後席の居住性を重視した4人乗り高級SUV
[05:16 8/28] ホビー
ボルボ「XC60 クラシック」をラインアップに追加 - 装備を充実させたモデル
[04:58 8/28] ホビー
メルセデス・ベンツ「C 300 クーペ スポーツ」を発売 - 専用エンジンを搭載
[04:44 8/28] ホビー
「メルセデスAMG C 43 4MATIC」9速AT搭載などの改良を実施 - クーペ追加も
[04:39 8/28] ホビー