米Apple「WWDC 2013」の日程を発表 - 次期OS披露か

米Appleは4月24日 (現地時間)、開発者カンファレンス「Worldwide Developers Conference (WWDC) 2013」を6月10日-14日の日程で開催すると発表した。会場は米カリフォルニア州サンフランシスコにあるMoscone West。参加チケットはPDT(米太平洋夏時間)の4月25日午前10時 (日本時間: 4月26日午前2時)に発売する。価格は1,599USドル。

昨年、一昨年と、AppleはWWDCでiOSとOS X、サービスの新版を集まった開発者に説明した。そして夏から秋にかけて新しいハードウエア製品をリリースするのがサイクル化していた。WWDC 2013についても「5日間のカンファレンスで世界中から集まったデベロッパはiOSとOS Xの未来に触れることになる」としており、次期OSの披露が期待されている。

公開されているカンファレンス概要によると、WWDC 2013では「アプリケーションフレームワーク」「サービス」「ツール」「グラフィックス・ゲーム」「メディア」「Core OS」の6つのトラックで100以上の技術セッションが行われ、ハンズオンラボも100を超える。また、優秀なiOSアプリおよびOS Xアプリを讃えるApple Design Awardの表彰式も行われる。WWDCは基調講演で幕を開けるのが恒例だが、24日時点で基調講演に関する情報は明らかにされていない。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事